メインの初期費用以外に不動産会社によって変わってきますが、契約事務手数料、駐車場仲介手数料に抗菌施行費用などといった費用が賃貸契約の初期費用に含まれた状態で提示されます。

関東では「敷金」と呼ぶものが関西でいう「保証金」になるなど、関東と関西では呼称が異なる事がありますので契約前にチェックしてみましょう。

必須初期費用は、敷金、礼金、前家賃、仲介手数料、火災保険料となります。不動産会社によって異なってきますが、保証会社の加入、防犯防止の為の鍵交換、クリーニング費用などと加算されます。これらを踏まえ平均的に家賃の5~7か月分の金額が賃貸契約時に必要となってきます。

賃貸契約で大事な初期費用の種類を知ろう!

賃貸契約での初期費用は大体家賃の5~6倍位となりますが、これらを抑える事もでき、例えば敷金・礼金0となっている物件を探したり、一定期間家賃が無料のフリーレントサービスも候補として挙げるのもいいです。

【敷金・礼金・前家賃】が各家賃の1か月分、【仲介手数料】が0~家賃1か月分、【保証料】は半月分~1か月分、【火災保険料】は人数で変わってきますが、1.5~2万円程というのが賃貸物件の初期費用項目の目安となります。

賃貸契約の初期費用というのは、主にオーナーさんに敷金・礼金・前家賃を各賃料約1か月分、不動産会社さんには仲介手数料を同じく賃料1か月分程必要になってきます。火災保険に関しては、1人で1.5万円、家族になると2万円程必要となってきます。

賃貸の初期費用はそれぞれいくらかかる?

賃貸物件契約時には初期費用を払う事となります。支払い方法として現金が基本でしたが、最近ではクレジットカード支払いができる物件も増えてきております。その分カードのポイントも貯まるのでかなりオススメの支払い方法となります。

初期費用支払いの種類は、現金一括・分割かクレジットで分割するかどちらかになります。現金払いよりも先に支払え、且つポイントが加算されることもあり賃貸契約をクレジットにする人も多いです。

賃貸契約時の初期費用の支払いで一般的なのは現金ですが金額が金額な為、振込可が比較的多いです。また主流になりつつあるのがクレジットカードでの支払いです。

現金で初期費用を支払う方に是非検討して欲しいのが、不動産のキャンペーンに参加したり月末付近に入居日を設定する方法で、これを行う事で費用が少しでも抑える事が可能となります。

賃貸契約が確定したら…初期費用の支払い方法を調べよう

広告

西宮北口で便利で素敵な新生活を始めましょう。
まずご紹介するのは、西宮北口の施設に関する情報です。
引越す際は医療機関が心配ですよね。この地域には病院があるので、突然の怪我などがあっても安心です。
続いて色んなジャンルを取り揃えているレンタルDVDがあるのですぐ映画が見れますよ!
また、地域と住民を守ってくれる消防署があります。
最後はこちらの施設もおすすめですよ。虫歯の治療でも、歯医者がエリア内にあれば行きやすいですね。このようなエリア情報は、お部屋を探す際にとても重要になってきます。
周辺施設だけでなく、賃貸の条件についても調べておきましょう。
ピカピカの未入居物件は、今まで誰も使用していないのでオススメです。
それだけでなく、夏でも比較的快適に過ごせるので、風通しの良い高台に立地する物件に引っ越しましょう。
さらにあるとうれしい初期費用5万円以下なら、敷金礼金が0円の物件に抑えられるでしょう。
もちろん、高い値段で早めの売却が、上階無しの物件は需要が高いので出来ますよ。
西宮北口の賃貸物件に住んで快適な生活を手に入れましょう!