初期費用に掛かる金額は約家賃6~7か月分となり、敷金、礼金、前家賃、共益費、仲介手数料、火災保険料を支払うのが必須となります。これ以外にも賃貸物件の契約事務手数料分が支払う事となります。

賃貸物件の初期費用が何使われているか分からない人も多いと思います。例えば敷金に関しては家賃の担保としての金額となります、また撤去時には修繕費として賄われます。

賃貸物件の初期費用は主に、敷金、礼金、前家賃、共益費、仲介手数料、火災保険料で、他にも不動産会社や大家さんによっては、契約事務手数料がかかる事もあります。金額は大体家賃6~7か月分となります。

賃貸を探す前にチェック!初期費用の詳細を理解しよう

基本的な初期費用の一つとして、敷金や礼金がありますが他にも前居住してた方とは別の鍵に変更するために鍵交換費用というのも賃貸物件によって発生する事もあります。

敷金・礼金は家賃の1ヶ月分程度、仲介手数料は家賃の0.5~1ヶ月分程度が金額相場になっております。全体で家賃の4~5倍の金額がを契約金として必要となってきます。金額に関しては契約前に把握しておくことが大事になります。

賃貸契約時に初期費用でいくらの金額が必要なのか知っていますでしょうか?一例として礼金と敷金は各賃料の1ヶ月分程度になりますので賃貸契約時にはこれらを視野に入れてお金を用意しましょう。

初期費用の金額とは?賃貸で借りる前に分かっておこう

初期費用の一般的な支払い方法として現金や銀行の振込、自動引き落としなどが挙げられます。最近だとクレジット支払い可能な所もあります。クレジット払いとなると一番の魅力がポイントを貯蓄出来る事です。

初期費用を現金一括対応が難しいという人なら、不動産会社によってはクレジット利用で賃貸契約出来る物件もあり、クレジットで一括・分割払い・リボ払いの選択ができますので無理なく物件契約に繋げられます。

クレジットに対応している不動産会社は全体の3割程となりますので、もし賃貸住宅を契約する予定があれば、その前に初期費用の支払い方法を確認する事を推奨します。支払い方法を前もって把握する事でスムーズに契約が行えます。

賃貸物件の初期費用は現金(一括・分割)とクレジット(一括・分割)の手段が選べます。クレジットで行うと、現金に比べてすぐに支払え、また金額分ポイントが加算されますのでポイ活をしている方には最適な方法と言えます。

集合住宅の賃貸物件で必要な初期費用の支払い方とは?

広告

新しい生活を梅田周辺で始めましょう。
梅田には、様々なスポットがあります。商業施設を利用して、毎日のお買い物を楽しくしましょう。
また、それ以外にもいろいろなスポットがあります。鼻炎持ちの方は、エリア内に耳鼻科があるところに住むと良いでしょう!
事務所探しをするのであれば、次の条件面にも注目してみましょう。
住居を選ぶ時に2駅利用可能かどうかは、とても重要な条件になります。
駅周辺施設は充実している事が多いので、日常の食材や日用品の買い物も簡単に出来る駅徒歩5分以内物件がおすすめです!
また、おすすめの条件としては次のようなものもあります。
間取りが決まっていないので、カスタマイズ可の物件は部屋を自由にアレンジすることが出来ます。
さらに、物件にこだわりたい方には、次の条件もおすすめです。ひな壇に立地している物件の特徴は、階段状に作られた造成地があるところです。
物件を選ぶ上では、設備の充実度も気になると思いますので、引っ越し先に洗濯機がないと、コインランドリー代等のコストも掛かってしまうので、洗濯機付の物件をおすすめします。
他にも下記のような設備があると、快適な生活を送れますよ。
全面フローリングは新居に望む設備上位にランクインするほど人気な設備になっています。明るく楽しい毎日を梅田の事務所で!