礼金というのは言葉の通り「お礼金」の事で、大家さんに対して感謝をするためのお金となります。これ以外にも敷金、前家賃、仲介手数料、火災保険料も賃貸契約時の初期費用となります。

基本的に賃貸契約の初期費用として敷金、礼金があります。ですが、物件によっては敷金礼金が0円の代わりに家賃1ヶ月分を前もって支払う事もあります。この他にも仲介手数料、火災保険料、保証料を家賃1ヵ月分程請求が来る可能性があります。

必須となる賃貸契約時の初期費用は、敷金・礼金・前家賃・仲介手数料・火災保険料となります。金額はおおよそですが家賃5~7か月分が必要で、物件によっては他にも支払う項目があるので考えておきましょう。

賃貸契約に必要な初期費用はどのくらい?そしてその種類は?

何項目かの初期費用が物件契約時に支払う事となります。基本、敷金や礼金、仲介手数料、家賃、管理費・共益費が中心となりますが、目安として各家賃のひと月分の金額が各項目掛かりますので、確認した上で金額を準備しておきましょう。

初期費用は、必須項目が最低6種類あり、敷金、礼金、前家賃、仲介手数料、火災保険料、保証料となります。仮に家賃5万円の賃貸物件を想定して初期費用の計算した場合、合計で26万9000円が最低でも必要となってきます。

賃貸物件契約時には、事前に初期費用として家賃の4~5倍程の料金を用意しておきましょう。初期費用は地域や物件などで内容が変わってきますので、これらを想定した上で物件を検索するといいと思います。

すぐにチェック!賃貸物件の初期費用料金とは?

賃貸物件の初期費用の支払い方法の一つとして最近普及されていているのが、クレジットカードでの支払いです。本来は現金が一般的なのですが、初期費用で大きな金額になるので、場合によっては振込も可能となっている場所もあります。

初期費用は現金・振込・自動引き落としがメインですが、現金は準備するのに多少時間がかかってしまいます。振込や引き落としも手数料や手続きが必須などとデメリットが多めですが、クレジットカード払いになるとそれが解消され賃貸契約時に便利と最近増えてきている支払い方法となります。

賃貸物件を契約時、現金または不動産が対応可能のクレジットどちらか選択して初期費用を支払う事が可能です。クレジットの分割払いは、一括・分割・リボ払いとあり、分割は3回・6回・12回…などと選択が可能です。

現金またはクレジットカードが初期費用が支払い方法となりますがそれぞれ一括・分割を選択できますので、自分にあった支払い方法を選びましょう。場合によっては初期費用はクレジットカードで家賃は別で払うという方法も選べます。

集合住宅の賃貸物件で必要な初期費用の支払い方とは?

広告

甲子園口で一番有名な観光スポットを、まず初めにご紹介していきます!
エリア情報を詳しく知りたい方は、ぜひこちらを確認してください。

甲子園口には高い技術力と丁寧な対応で評判のいい内科が近所にあります。
お部屋探しをする際は、甲子園口周辺の情報も大切です。
娯楽施設は、いろいろな世代の方でも楽しめる人気のおすすめスポットです。
娯楽施設はエリア周辺でも有名なスポットです。
このように日常生活で利用する施設は要チェックです。
消防署があればすぐに対応してもらえるので、近所で火災が起きた時も安心ですね。ぜひいろんな視点からお部屋を見つけることをオススメします。
洗濯機は重いし価格が高額な事もあるので、洗濯機付の物件は魅力的ですね。
生活に必要な家電を購入して準備する時間がないなら、家電付のお部屋を検討してみましょう。
このように生活する上で必須となる設備があるはずなので、情報収集は重要となります。
続いては条件面についてです。陽当り良好の物件は、洗濯物も乾きやすくて便利なので人気があります。
他にも、平坦地は生活しやすく、高台に立地する物件と比較してもオススメです。
自分の予算やライフステージに合った物件を選ぶことも大切ですね。
個性的なお店が多いので商店街を歩くだけでも楽しいですよ。
また、普段の生活を振り返ってみると、必要な条件や設備がイメージしやすくなりますよ。
エアコン付の物件に住めば、涼しく快適に暮らすことができます。
賃貸探しの設備にこだわって、洗濯乾燥機付きの物件は便利なので人気が高まっています。

上記の他にも、様々な設備があります。
内装リフォーム済物件なら、入居する前に部屋の状態を確認出来るので安心ですね。
快適な毎日を送るために、初期費用5万円以下の物件は特に物件の形態にこだわらない方にお勧めです。
こうした情報をもとに、自分にとって住みやすい物件を探してみてください。
賃貸物件生活を甲子園口で送れば、素敵で楽しく生活が出来ます。