賃貸物件に契約する際、支払う初期費用の中にある礼金は大家さんへのお礼金、敷金は家賃を支払えない際の担保となり、不動産会社には仲介手数料として家賃の1ヵ月分程用意が必要となります。

敷金、礼金、家賃・管理費、仲介手数料、火災保険、保証会社利用料、鍵交換代、退去時クリーニング費と8種類の費用が初期費用となります。賃貸物件によっては敷金0、礼金0も増えてきていますが、保証会社への加入が義務になっています。

必須初期費用は、敷金、礼金、前家賃、仲介手数料、火災保険料となります。不動産会社によって異なってきますが、保証会社の加入、防犯防止の為の鍵交換、クリーニング費用などと加算されます。これらを踏まえ平均的に家賃の5~7か月分の金額が賃貸契約時に必要となってきます。

賃貸契約前に!初期費用の総額と種類を確認

敷金・礼金・前家賃が家賃の約1か月分で、仲介手数料は無料~家賃1か月分、火災保険は人数で異なりますが、約1.5~2万円程で、保証料は半月分~1か月分程と賃貸物件の初期費用はこのような詳細になっております。

前もって準備すべき初期費用の種類ですが、敷金・礼金・前家賃・仲介手数料・火災保険料・保証会社利用料などが基本となり各賃料ひと月分、保険料に関しては1~2万程を準備しておく必要があります。

初めて賃貸契約をする際、初期費用が何なのか不安に思うかと思います。まず初期費用というのは契約金の事で、敷金や礼金、仲介手数料、家賃、管理費・共益費などを総称した言葉です。これらは家賃の1ヶ月分の料金が発生しますので確認した上で物件を検討しましょう。

賃貸を探す前に各初期費用金額を知っておこう

初期費用の世間一般的な支払方法としてあるのが、現金や振込ですが、クレジットカード可能な賃貸物件も増加しております。また家賃もクレジットカードで支払う事が出来るところもあるので、賃貸物件をできるだけ負担を少なくしたいと考えている方は参考にしてはいかがでしょうか?

現金またはクレジットカードが初期費用が支払い方法となりますがそれぞれ一括・分割を選択できますので、自分にあった支払い方法を選びましょう。場合によっては初期費用はクレジットカードで家賃は別で払うという方法も選べます。

賃貸の初期費用の支払い方として、現金かクレジットカードがあり、それぞれ一括か分割か選べます。不動産会社や大家さんによりますが、初期費用だけクレジットで家賃は別の方法…というパターンも可能です。

初期費用は現金、振込、自動引き落としなどが主な支払い方法ですが、初期費用は大金になるため、手元に用意するのに時間が掛かってしまい、また振込や引き落としだと手数料や手続きをする事になります。最近ではクレジット払い可能賃貸物件増えてきておりスムーズに契約が出来ます。

賃貸物件の初期費用の支払い方法を確認

広告

交通機関が充実している神戸市灘区なら、近隣や都市部への移動も快適です。
神戸市灘区は住環境が良く、様々な施設がありますよ。
娯楽施設は、エリア内で楽しく遊びたいならオススメです。
他にも、商品の種類が豊富なスーパーが近くにあれば、いつものお買い物が楽しくなるでしょう。
神戸市灘区でお引越し先に希望する条件はありますか?
毎日の買い物も、商店街は活気があふれているので楽しめます。
また、より行動範囲が広がるので、3駅以上利用可の地域には新しい発見が沢山見つかります。
物件さがしをするならショッピングも、3沿線以上利用可の物件ならより楽しめますね!
賃貸マンションなら下記の条件も考慮してみませんか?便利で快適な商業施設が沢山あるので、区画整理地内の物件に引っ越しましょう。
色々な条件を見ましたが、物件の設備も大切です!お部屋にエアコンが付いていれば取り付けする手間が省けますね。
その他に、バイク置場付きの住宅に住めば、自分で置き場を探す手間が掛かりません。素敵な賃貸マンションを、快適な街で人気の神戸市灘区から探しましょう!