初期費用は、敷金、礼金、前家賃、仲介手数料、火災保険料分を必ず支払う事になります賃貸物件によっては、保証会社加入、鍵交換、クリーニング費用などが発生するところもあります。

初期費用は敷金・礼金以外にも前家賃・管理費、火災保険、保険会社利用料など賃貸物件によって異なりますがかなりの金額が必要となってきます。また仲介手数料として不動産会社に約家賃の1ヵ月分を支払う事にもなります。

賃貸契約の初期費用に敷金、礼金があるのが基本ですが、0円の物件もありますが、その代わりに前家賃1ヶ月分を支払う事になります。場合によっては、仲介手数料、火災保険料、保証料が家賃1ヵ月分程になることもあります。

賃貸契約前に把握しよう!気になる初期費用とその種類

賃貸契約には必ず初期費用が発生し、敷金や礼金、仲介手数料、家賃、管理費・共益費などとがあります。これらはほんの一部で地域や物件によっては内容が変わってきますので契約前に調べておきましょう。

初めて賃貸契約をする際、初期費用が何なのか不安に思うかと思います。まず初期費用というのは契約金の事で、敷金や礼金、仲介手数料、家賃、管理費・共益費などを総称した言葉です。これらは家賃の1ヶ月分の料金が発生しますので確認した上で物件を検討しましょう。

賃貸契約の初期費用というのはオーナーさん・不動産会社に支払う契約金の事を指します。初期費用には敷金や礼金、前家賃、仲介手数料などが含まれ、地域にもよりますが大体の相場が家賃の5~6か月分程と言われています。

初期費用の金額とは?賃貸で借りる前に分かっておこう

初期費用の支払い方法としてメジャーなのが現金ですが、金額が大きいため振込可能も多いです。近頃はクレジットカード支払い可能な賃貸物件も増加してきていますので候補の一つとして選んでもいいかもしれません。

賃貸を借りるにあたり初期費用を払う事になりますが、現金またはクレジットカードで支払い方法も一括・分割どちらかを選択できます。不動産会社や大家さんによっては初期費用のみクレジットカードで家賃は別で払うという方法もあります。

初期費用を支払う際、現金は用意する時間が必要となり、また振込や引き落としとなると手数料・手続きも行うのでかなり契約にも影響が出てしまいます。すぐに支払いができるなどメリットが高いクレジットカード払い可能の物件も増えてきておりますので早く契約を進めたい人にはおすすめの支払い方法となります。

初期費用を支払う方法として、現金での場合は一括か分割払いが選べます。また不動産会社によりますが、クレジットの一括・分割払いも可能ですので、もし現金で一括が難しいと思ってもクレジット利用することで賃貸物件に入居できるようになります。

賃貸契約前に発生!初期費用の支払い手段とは

広告

楽しい毎日を送りたいなら、住みやすくて人気の十三に住みましょう!
まずご紹介するのは、十三の施設に関する情報です。
自分が住んでいるエリアに内科があれば、もし急に体調が悪くなっても大丈夫です。
続いて自宅の周辺に歯医者があると通いやすいですね。
また、遊ぶだけではなく、季節ごとのイベントも体験できる児童館があります。
最後はこちらの施設もおすすめですよ。児童館なら天気が悪い日でも、お子様を楽しく遊ばせる事が出来るのでおすすめです。重要なのは、こうした色々な情報から物件を選ぶことなのです。
周辺施設だけでなく、賃貸マンションの条件についても調べておきましょう。
新築同然で利用することができるのがリノベーション済み物件の魅力です。
それだけでなく、色々な点から見ても、1駅しか利用できない物件よりも3駅以上利用可の物件の方が良いですよね。
さらにあるとうれしい非喫煙者限定の物件に住む時は、喫煙者の方は事前に喫煙所を確認しておくようにしましょう。
もちろん、静かな環境の物件に住めば、快適な毎日を過ごせますよ。
キレイな街、 十三の賃貸マンションを見つけましょう。