賃貸住宅では、契約前と後にオーナーさんと仲介にあたる不動産会社に払う初期費用が必須となります。初期費用の種類や料金に関しては人数や物件の場所などで変わっていきます。

皆さんは礼金と敷金の意味を知っていますでしょうか?大家さんへのお礼金として支払うのが礼金で、家賃の担保や退去時の修繕費として支払うのが敷金となります。これらは初期費用として賃貸契約時に支払うものとなります。

初期費用の一部にある火災保険費や鍵の交換費に関しては、おおよそですが火災保険費が約1万5千円~2万円、部屋の鍵の交換料が約1~2万円程発生しますので賃貸契約前に確認しましょう。

賃貸契約前に!初期費用の総額と種類を確認

賃貸契約時に用意すべき初期費用にも様々な項目があり、敷金や礼金、仲介手数料、家賃、管理費・共益費が主な費用となります。金額の目安は敷金や礼金、仲介手数料はそれぞれ家賃の約1か月分が必要となってきます。

初めて賃貸物件を契約をする時に知ってほしいのが、初期費用が発生するという事です。契約前にはおおよその金額の目安を調べ用意しておくといいでしょう。

賃貸契約の経験が浅い人にとって契約前にどんな準備を行うべきか分からない人も多いと思います。まず契約前に準備してほしいのが初期費用で項目の中には敷金や礼金などとありますが、各相場は家賃の1ヶ月分程度と思ってください。これ以外にも費用は多々ありますのでチェックしておきましょう。

初期費用の総額を賃貸契約前にチェック!

賃貸物件契約時には初期費用を払う事となります。支払い方法として現金が基本でしたが、最近ではクレジットカード支払いができる物件も増えてきております。その分カードのポイントも貯まるのでかなりオススメの支払い方法となります。

初期費用には現金・振込、自動引き落としなどの支払い方法の他にも、クレジットカードも、賃貸物件によりますが可能のところもあります。クレジットカードは現金とは違ってカード会社のポイントを貯める事も可能ですのでよりお得になります。

初期費用で一般的な支払い方法として現金や振込がありますが、銀行やATMで出金したり、振込手続きをするなどと少し面倒な作業となります。これを解消出来るのが、近頃増えてきているクレジットカード支払いとなります。賃貸マンションやアパート契約前に支払い方法を確認してみましょう。

初期費用の支払い方法として現金とクレジットが挙げられますが、クレジットの場合、不動産やオーナーさんによりますが家賃もまとめてクレジットOKの場所もあり、もし家賃とは別にと考えている方にも初期費用だけをクレジット対応可能の場所もあります。

自分に合った賃貸物件の初期費用の支払い方は?

広告

人気の甲子園口なら、充実した毎日を過ごすことができますよ。
甲子園口でお部屋探しをするなら、周辺施設も調べておくと良いですよ。
児童館なら天気が悪い日でも、お子様を楽しく遊ばせる事が出来るのでおすすめです。
また、それ以外にもエリアにいる住民を火災などの被害から守ってくれる消防署があれば、きっと大丈夫でしょう。
賃貸を探すのであれば、次の条件にも注目してみましょう。
緑豊かな住宅地で暮らすのは、子育てや教育の場としてピッタリです。
移動が大変にならないよう坂の傾斜を予め調べておくのも、ひな壇に立地した賃貸物件を選ぶ際には大切です。
また、おすすめの条件として駅から離れた物件を購入する時はバス停徒歩3分以内の物件を探してみるようにしましょう。
さらに、物件にこだわりたい方には、次の条件もおすすめです。タバコを吸うと高額な費用を請求されるので非喫煙者限定の物件に住む時は注意が必要です。
他にも物件に快適な設備があるか確認しましょう。家具・家電付のある物件なら、初期費用を低く抑えることができますね。
衣類乾燥機付き物件に住めば、自分で乾燥機を買う必要が無くなります。誰もが憧れる賃貸は甲子園口で見つかります!