必須になる初期費用は、敷金、礼金、前家賃、仲介手数料、火災保険料となり、場合によっては保証会社契約に伴う金額、鍵の交換、除菌消臭費用も掛かってしまいます。ちなみに平均家賃の5~7か月分が必要になる事になります。

賃貸契約時に支払うのが初期費用ですが、基本的に支払う事になるのは礼金、敷金、前家賃、仲介手数料、火災保険料の5項目になります。また不動産会社には仲介手数料も支払うことになっていきます。

賃貸物件によっては、敷金、礼金が0の代わりとして前家賃費として約1ヶ月分が発生する可能性もあります。その他の費用として挙がるのが仲介手数料、火災保険料、保証料となります。

賃貸契約に発生する初期費用とは?金額と種類を把握しよう

賃貸契約は何種類かの初期費用があり、敷金や礼金、仲介手数料、家賃、管理費・共益費の種類が存在します。敷金や礼金は各家賃1ヶ月程度、仲介手数料は家賃0.5~1ヶ月分程の金額が発生する事を覚えておきましょう。

初めて賃貸物件を契約をする時に知ってほしいのが、初期費用が発生するという事です。契約前にはおおよその金額の目安を調べ用意しておくといいでしょう。

初期費用は賃貸契約時までに用意する必要がありますので、どれ程金額が掛かるかを確認しておくのが重要になります。おおよそ賃料の4~5倍が初期費用金額となりますので、事前に準備はしておきましょう。

初期費用の総額を賃貸契約前にチェック!

現金や振込が初期費用の一般的な支払い方法ですが、銀行やATMで出金したり、振込手続きを行う必要があるため、忙しい人には向いておりません。最近はクレジットカードですぐ支払いが可能になっているので、賃貸マンションやアパートの契約時には有効的な方法と言えます。

現金で一括・分割で支払う、または不動産会社がクレジット対応なら分割払いなどと賃貸物件の初期費用支払い方法が選べます。クレジットならリボか分割も選べますので自分のペースで払える目安が分かりやすいと思います。

現金もしくは不動産会社によりますがクレジットで賃貸物件の初期費用を支払う事ができます。現金だと結構な金額になりますので、一括が厳しくてもクレジットを所持していれば契約が出来る賃貸もありますので、ぜひ検討してみてください。

現金で初期費用を払うのもありますが、高額なため振込対応もしている物件も多いです。最近ではクレジットカード支払いも出来る物件も多くなっているので選択肢が広がっています。

賃貸マンション・アパート契約の初期費用はどうやって支払うのか

広告

お引越しをするなら、便利な西宮がオススメです。
この西宮には、生活に必要な施設が揃っています。
迫力ある映像が観たいなら、映画館へ行きましょう。
商業施設や医療施設が揃っていて、近所にある保育園なら、何かあってもすぐ迎えに行けるので安心ですね。
他にもどのような施設があるか、ぜひ地図上で探してみてください。
急病や怪我の際には病院があるので安心した暮らしが送れます。
自分のライフスタイルに合った環境から賃貸を見つけることをオススメします。
安心して暮らしたいなら、警察署が近くにある場所に住みましょう。
丁寧に情報を集めることで、自分の希望にぴったりの賃貸を見つけやすくなりますよ。
バイク置場付の物件は、自分で駐車場を探すのに苦労している方におすすめです。
生活をもっと快適にする費用をあまりかけずに駐車スペースを確保したいなら、駐車場1台無料の物件で決まりです!
設備が充実している物件だと、毎日の暮らしも快適になります。
ネット回線や電話回線環境の把握を、SOHO向け賃貸物件を探す時は確認しておきましょう。
自分に合った物件を探すのであれば、閑静な環境の物件は、これから子育てをする方にもおすすめですよ。
もちろん、物件によって様々な条件があり、風致地区は自然豊かな環境なので、子育てに最適なエリアになります。

お部屋を探す際には、住宅設備にも注目です。
温水洗浄便座付き物件を希望してる方は予め、そこに温水洗浄便座が備わっているかどうか確認しておくと良いでしょう。
また、物件によって様々な条件があり、温水洗浄便座が付いてある物件は人気が高くなってきています。
賃料や内装だけでなく、設備や条件もしっかり確認しましょう。
防犯強化地域の物件は子供を安心して学校に通わせられるので、オススメです。
このように、どんなお部屋が良いのかをイメージすることで、必要な条件が分かってきます。
内覧時に状態を確認する事が、築年数が古い礼金不要の物件では大事です。
色んな条件の物件から、希望に合う賃貸を見つけることをオススメします。
西宮の賃貸物件に住んで、みんなが憧れる優雅なスローライフを送りましょう!