初期費用は敷金・礼金以外にも前家賃・管理費、火災保険、保険会社利用料など賃貸物件によって異なりますがかなりの金額が必要となってきます。また仲介手数料として不動産会社に約家賃の1ヵ月分を支払う事にもなります。

賃貸を契約時に初期費用として約家賃6~7か月分が発生する事があり、基本的な初期費用以外に不動産会社や大家さんに契約事務手数料を支払う事になる可能性もあります。

賃貸住宅契約の前後にはオーナーさんと不動産会社に、初期費用(金額は居住人数や地域・物件で異なる)である敷金・礼金、前家賃、仲介手数料、火災保険料を支払う事が必須になります。

知っておこう賃貸物件の初期費用の種類

敷金や礼金の他にも、初期費用は地域や賃貸物件によって内容が異なります。例えば鍵交換費用といった防犯防止のための費用などもあります。これらを含めて大体賃料の4~5倍の初期費用が掛かりますので金額は用意しておきましょう。

賃貸の初期費用は高額で用意するのに大変ですが、最近では費用を低めに出来る方法があります。例として、「敷金・礼金・仲介手数料0」の物件になるとおよそ家賃の0.5~2倍程減らすことが出来ます。

賃貸の初期費用は火災保険料が約1.5~2万円、敷金や礼金などの基本的な項目が約1か月分となり、合計は賃料の5~6か月分となります。ちなみに日割家賃の計算方法は家賃÷入居月日数×入居日数となります。

初期費用の総額を賃貸契約前にチェック!

初期費用の支払い方法の一つとしてクレジットカードでの支払い可能な賃貸物件も増えてきています。他にも現金や振込などの支払い方法はありますが、クレジットカードだと契約時にすぐ支払対応が出来ますのでとても便利な方法といえます。

初期費用支払いの種類は、現金一括・分割かクレジットで分割するかどちらかになります。現金払いよりも先に支払え、且つポイントが加算されることもあり賃貸契約をクレジットにする人も多いです。

現金かクレジットカードかどちらかで賃貸契約の初期費用が支払いが出来ますが、クレジットの魅力の一つとしてカードの種類、支払い方法(分割・リボ)、支払い回数を選べるのが良い所です。

初期費用は現金かクレジットか支払い方法を選択する事が出来ます。基本的には現金支払いがメインでしたが、一括で支払う事となるのでこれが厳しいという人向けに、クレジット利用で入居する事ができる賃貸物件もあります。

賃貸の初期費用はどう支払う?

広告

妻鹿は、女性や学生の一人暮らしをする際にもぴったりのエリアです。
エリア情報を詳しく知りたい方は、ぜひこちらを確認してください。

妻鹿にはエリア内にある書店では、本だけでなくCDやDVDも扱っています。
お部屋探しをする際は、妻鹿周辺の情報も大切です。
娯楽施設は、休日には家族や友人と一緒に行きたい人気スポットです。
お買い物は、便利な商業施設があります。
このように日常生活で利用する施設は要チェックです。
毎日友人たちと遊べる児童館があると、お子様も喜びますね。ぜひいろんな視点からお部屋を見つけることをオススメします。
お引越し先に家具が予めついていると便利ですよね。最近は家具・家電付のある物件が人気です。
生活に必要な浴室乾燥機付の物件に住めば、雨の日でも洗濯物を干すことが出来るので便利です。
このように生活する上で必須となる設備があるはずなので、情報収集は重要となります。
続いては条件面についてです。非喫煙者限定物件は、煙草を吸わない人にとっては居心地がとても良くなります。
他にも、仲介手数料不要の物件は通常の引越費用と差が出てくるので必見です。
自分の予算やライフステージに合った物件を選ぶことも大切ですね。
DIY可の物件へ引越して、自分で理想の部屋を作ってみませんか?
また、普段の生活を振り返ってみると、必要な条件や設備がイメージしやすくなりますよ。
手間も時間も掛からない家具付物件への引っ越しは簡単です。
賃貸探しの設備にこだわって、洗濯乾燥機は、主婦が選ぶ欲しい設備の上位に入っているほど人気です。

上記の他にも、様々な設備があります。
緑豊かな住宅地に、お子様のいるご家庭は引っ越してみませんか?
快適な毎日を送るために、お金をかけない、初期費用5万円以下の物件ならすぐに引越しできます。
こうした情報をもとに、自分にとって住みやすい物件を探してみてください。
紹介したような物件をお探しの方はこちらhttps://www.hatomarksite-zentaku.com/hyogo/chintai_line/eki360/ekikensaku360195/