賃貸物件によっては、敷金、礼金が0の代わりとして前家賃費として約1ヶ月分が発生する可能性もあります。その他の費用として挙がるのが仲介手数料、火災保険料、保証料となります。

賃貸物件の初期費用にはいくつかのパターンがあり、物件や地方によって初期費用の表記方法が異なります。一例を挙げると、関東での「敷金」という表現は関西では「保証金」という表記になります。

不動産会社によりますが、初期費用の中に事務手数料、駐車場手数料、24時間緊急対応サービス費、賃貸物件のクリーニング費などといった費用が含まれている物件もあります。

賃貸契約で大事な初期費用の種類を知ろう!

初期費用というのは大家さんや不動産会社に支払う契約金のことを指します。主に敷金・礼金、前賃料、仲介手数料などが含まれています。相場金額は、地域や物件で変動しますが、家賃の約5~6か月分が必要となります。

初期費用は、必須項目が最低6種類あり、敷金、礼金、前家賃、仲介手数料、火災保険料、保証料となります。仮に家賃5万円の賃貸物件を想定して初期費用の計算した場合、合計で26万9000円が最低でも必要となってきます。

契約時に大家さん・不動産会社に支払う契約金の事を初期費用といい、敷金や礼金、前家賃、仲介手数料などが主な項目となります。相場は地域や賃貸物件で変わりますが、家賃の5~6か月分程となります。

賃貸の初期費用の各種金額とは?

初期費用の支払い方として現金で一括で払うもしくは分割する方法とクレジットで対応するかがあります。クレジットは現金払いに比べすぐに払える上にポイントが貯められるのでメリットの高い支払い方法となります。

賃貸一戸建て物件の契約を検討している場合、気になるのは初期費用の支払い方法になるかと思いますが基本は現金かクレジットカードがどちらかを選択できます。おすすめはクレジットで高金額な分、カードのポイントも貯まりますのでかなりお得になります。

賃貸の初期費用の支払い方として、現金かクレジットカードがあり、それぞれ一括か分割か選べます。不動産会社や大家さんによりますが、初期費用だけクレジットで家賃は別の方法…というパターンも可能です。

賃貸物件の初期費用支払いの手段として現金や振込、自動引き落としなどがあります。近年ではクレジットカード可の物件もあるので、現金を用意せずにカードのみで契約出来るという大きな利点があります。

賃貸契約が確定したら…初期費用の支払い方法を調べよう

広告

これからご紹介するのは、元町にあるイチオシスポットです。

最初に元町の施設を紹介します!
シネマもショップも揃う商業施設で、休日を有意義に過ごしましょう。
読書好きの方にとっては、本屋があってさらに公園やコーヒーショップが近くにあればさらに良いですね。
不動産屋を探すときは注目しておきたい博物館や文化施設があって子育ての環境に最適です。
「自分の歯で一生食事が出来るようにしたい」と考えている方は、歯医者に通って歯の治療をしましょう。
周辺環境は大切なのでじっくり検討したいですね。

次は条件です。こだわりの条件はありますか?
部屋の中が明るくなるメリットがあるので、陽当り良好の物件は毎日を快適に過ごせます。
風通しの良い高台に立地する物件は夏でも比較的快適に過ごせます。
また、リノベーション物件にするなら、お得に綺麗なお部屋に住む事が出来るので、おすすめです。
条件を絞る事により、より良い暮らしが送れます。

最後に気になるのが設備です。
カウンターキッチンなら、リビングにいる人と話しながら料理が出来るので素敵ですよね。
休日はゆっくり起きて、バルコニーでのんびり遅めの朝食をとるのも楽しいそうですね。
生活を快適にする設備はあるととても便利ですし、洋服好きな方には、大きなクロゼットが付いた物件をおすすめしています。
華麗なスローライフを元町の不動産屋物件から探しましょう!