礼金というのは言葉の通り「お礼金」の事で、大家さんに対して感謝をするためのお金となります。これ以外にも敷金、前家賃、仲介手数料、火災保険料も賃貸契約時の初期費用となります。

初期費用は敷金金、前家賃、仲介手数料、火災保険料などと種類がありますが、初期費用こちらに関しては人数や地域、物件によって異なりますので注意して下さい。賃貸住宅になると契約の前と後に不動産に大家さんに初期費用を支払う事になります。

敷金、礼金、家賃・管理費、仲介手数料、火災保険、保証会社利用料、鍵交換代、退去時クリーニング費と8種類の費用が初期費用となります。賃貸物件によっては敷金0、礼金0も増えてきていますが、保証会社への加入が義務になっています。

賃貸契約で発生する初期費用と種目とは?

初期費用は賃貸契約時までに用意する必要がありますので、どれ程金額が掛かるかを確認しておくのが重要になります。おおよそ賃料の4~5倍が初期費用金額となりますので、事前に準備はしておきましょう。

賃貸契約をするにあたって、大体の初期費用が家賃の4~5倍程になると考えてほしいです。初期費用というのは敷金や礼金、仲介手数料などが挙がりますが、場合によっては火災保険料などの費用も追加で発生するので、こちらは注意してください。

敷金・礼金・前家賃などの初期費用金額は約家賃ひと月分となります。火災保険は1.5~2万円となりそれらを合計すると賃貸物件を借りる際、家賃5~6か月の初期費用金額が必要となってきます。

賃貸を探す前に各初期費用金額を知っておこう

現金もしくは不動産会社によりますがクレジットで賃貸物件の初期費用を支払う事ができます。現金だと結構な金額になりますので、一括が厳しくてもクレジットを所持していれば契約が出来る賃貸もありますので、ぜひ検討してみてください。

賃貸契約時に発生する敷金や礼金、仲介手数料、管理費などをまとめて初期費用と言い、現金支払いが一般的です。ですが最近の不動産会社では現金の他にもクレジットカード支払い可能の場所もあります。

初期費用の一般的な支払い方法として現金や銀行の振込、自動引き落としなどが挙げられます。最近だとクレジット支払い可能な所もあります。クレジット払いとなると一番の魅力がポイントを貯蓄出来る事です。

初期費用の現金支払いは一括払いが基本です。クレジットカード対応可能な不動産なら分割かリボか選べますし、回数も選べますので、賃貸物件を探している方は自分に合った支払い方法で物件を検討してください。

賃貸契約前に発生!初期費用の支払い手段とは

広告

相生市での暮らしは、毎日楽しく過ごせるでしょう。
まずご紹介するのは、相生市の施設に関する情報です。
お子様の送迎も、徒歩圏内にある保育園なら楽なのでおすすめです。
続いて安心して暮らしたいなら、警察署が近くにある場所に住みましょう。
また、近所にスーパーがあれば食材などの買い出しは便利になりますよ。
最後はこちらの施設もおすすめですよ。書店では、絵本から専門書まで様々な本があります。様々な角度から物件情報をチェックする事が、物件探しをするときには大事になってきます。
周辺施設だけでなく、賃貸の条件についても調べておきましょう。
部屋のクリーニング費用を請求される事が敷金不要物件では起こる場合があるので、退去時は注意しておきましょう。
それだけでなく、前の住人の汚れや傷などを気にせず生活できるので、未入居物件はおすすめです。
さらにあるとうれしい交通費を安くしたいなら100円バス路線沿いの物件に住みましょう。
もちろん、無理なく家賃を支払える、SOHO向け賃貸物件を探しましょう。
前にもお伝えした、暮らしやすいエリアの相生市で楽しい賃貸生活をしましょう。