最近では敷金・礼金が0になっている賃貸物件も増えてきていますが、この場合、前家賃1ヶ月分を初期費用として支払う事になる事もあります。それ以外の初期費用として仲介手数料、火災保険料、保証料とあります。

賃貸物件の初期費用は、主に8種類があり、これらを契約時に支払う事となります。最近では敷金と礼金が0円の物件も増加してきていますが、この物件の場合、必須として保証会社加入が義務づけられています。

賃貸契約時に気になるのは、初期費用ですが内訳として礼金と敷金が家賃の1~2ヶ月分、仲介手数料と前家賃が1か月分、火災保険や鍵の交換料が各約1~2万円程と考えておきましょう。

賃貸物件の初期費用と種類を契約前に理解を深めよう

賃貸契約には必ず初期費用が発生し、敷金や礼金、仲介手数料、家賃、管理費・共益費などとがあります。これらはほんの一部で地域や物件によっては内容が変わってきますので契約前に調べておきましょう。

初期費用は賃貸契約時までに用意する必要がありますので、どれ程金額が掛かるかを確認しておくのが重要になります。おおよそ賃料の4~5倍が初期費用金額となりますので、事前に準備はしておきましょう。

賃貸契約に必要な初期費用の基本的な項目として敷金や礼金が挙げられますが、その他にも鍵交換費など任意のものなどもありますので、大体初期費用は家賃の4~5倍程の金額を準備しておきましょう。

初期費用の金額とは?賃貸で借りる前に分かっておこう

賃貸物件契約時には初期費用を払う事となります。支払い方法として現金が基本でしたが、最近ではクレジットカード支払いができる物件も増えてきております。その分カードのポイントも貯まるのでかなりオススメの支払い方法となります。

初期費用支払いの仕方としてあるのが、現金・振込とあります。クレジットカード支払い可能の賃貸マンション・アパートも増えており、初期費用は中々の金額となるので同時にカードポイントもいつもより多く貯めることが出来ますのでお得に住む事が出来ます。

初期費用の支払い方として現金で一括で払うもしくは分割する方法とクレジットで対応するかがあります。クレジットは現金払いに比べすぐに払える上にポイントが貯められるのでメリットの高い支払い方法となります。

賃貸契約時に発生する敷金や礼金、仲介手数料、管理費などをまとめて初期費用と言い、現金支払いが一般的です。ですが最近の不動産会社では現金の他にもクレジットカード支払い可能の場所もあります。

集合住宅の賃貸物件で必要な初期費用の支払い方とは?

広告

元町は、女性や学生の一人暮らしをする際にもぴったりのエリアです。
エリア情報を詳しく知りたい方は、ぜひこちらを確認してください。

元町にはエリアに根ざした児童館なら、勉強も見てくれます。
お部屋探しをする際は、元町周辺の情報も大切です。
内科に行けば体の調子が悪くなった時にもすぐ診てもらえます。
何時間も遊んでいられる娯楽施設があるので、気軽に行くことができます。
このように日常生活で利用する施設は要チェックです。
耳鼻科ですぐ診てもらえるので、中耳炎になった時も安心です。ぜひいろんな視点からお部屋を見つけることをオススメします。
エアコンが付いているお部屋だと快適に暮らせますね。
生活に必要な予め洗濯乾燥機が付いている物件に入居すればなら、わざわざ購入する必要がなくなるのでお得ですね。
このように生活する上で必須となる設備があるはずなので、情報収集は重要となります。
続いては条件面についてです。防犯強化地域で初めての一人暮らしの為の物件探しをしませんか?
他にも、都会では味わえない環境が、高台に立地する物件にはあります。
自分の予算やライフステージに合った物件を選ぶことも大切ですね。
部屋が暑くなるので、高い場所にある上階無し物件なら夏場は注意しましょう。
また、普段の生活を振り返ってみると、必要な条件や設備がイメージしやすくなりますよ。
家具付のお部屋は引っ越時のコストを抑えたいような方にお勧めしています。
賃貸探しの設備にこだわって、駐車場付き物件なら、自分で駐車場を探す手間が掛かりません。

上記の他にも、様々な設備があります。
2人入居相談の物件に住めばカップルでの同棲や友人とのルームシェアも可能になります。
快適な毎日を送るために、畳が付いているファミリー向け物件は、赤ちゃんのおむつ替えがしやすいので便利ですよ。
こうした情報をもとに、自分にとって住みやすい物件を探してみてください。
元町の賃貸で最高の生活を始めませんか?