必須となる賃貸契約時の初期費用は、敷金・礼金・前家賃・仲介手数料・火災保険料となります。金額はおおよそですが家賃5~7か月分が必要で、物件によっては他にも支払う項目があるので考えておきましょう。

物件によっては保証会社の加入費、退去時の鍵の交換、クリーニング費用も初期費用として含まれている物件も多く、それらを合計すると平均的に家賃の5~7か月分を支払う事になります。

敷金、礼金、家賃・管理費、仲介手数料、火災保険、保証会社利用料、鍵交換代、退去時清掃費用が賃貸物件の初期費用となります。近年は地域や場所によって敷金礼金は¥0になっている物件もあります。その場合は保証会社の加入が義務づけられています。

賃貸契約に発生する初期費用とは?金額と種類を把握しよう

賃貸物件の初期費用が家賃の5~6か月分が目安となりますが、近年費用が抑えられるサービスも増え、例として敷金・礼金・仲介手数料0円の物件だと家賃の0.5~2倍程費用が抑えられ、賃貸契約が少なくなっているシーズン等になるとサービスも受けやすくなります。

敷金や礼金の他にも、初期費用は地域や賃貸物件によって内容が異なります。例えば鍵交換費用といった防犯防止のための費用などもあります。これらを含めて大体賃料の4~5倍の初期費用が掛かりますので金額は用意しておきましょう。

敷金・礼金・前家賃が家賃の約1か月分で、仲介手数料は無料~家賃1か月分、火災保険は人数で異なりますが、約1.5~2万円程で、保証料は半月分~1か月分程と賃貸物件の初期費用はこのような詳細になっております。

賃貸を探す前に各初期費用金額を知っておこう

初期費用の支払い方法として挙げられるのが、現金かクレジットカード払いとなります。クレジットは分割払いの種類もあり、回数も選べますので賃貸契約前にどうすべきか考える事も大切です。

賃貸物件の契約時、現金・振込以外にも、クレジットカードで初期費用を支払いが可能物件も増えてきており、その場ですぐ支払いが出来る為とても利便性が高いです。

やはり賃貸契約は何事も無く行う方法として、これらは契約前に確認しておくのがベストです。例えば初期費用などの支払い方法が現金かクレジットなのかも事前に確認すると物件選びの参考にも繋がります。

賃貸の初期費用の支払い方として、現金かクレジットカードがあり、それぞれ一括か分割か選べます。不動産会社や大家さんによりますが、初期費用だけクレジットで家賃は別の方法…というパターンも可能です。

集合住宅の賃貸物件で必要な初期費用の支払い方とは?

広告

堺市西区は住みやすいエリアとなっています。
まず始めに、住宅周辺の環境を確認しましょう。保育園が近くにあれば、子どもを預けてスムーズに出勤できます。
不動産屋の近くに様々なスポットがあれば、日常生活も快適に楽しく送れますね。
新しく物件を探すときに、銀行が近くにあるか確認しておきましょう。
そのほかにも、洗濯機で洗えないような繊細なものや、大きな衣類も、クリーニング店ならクリーニングに出せます。
病院など、設備が整った医療施設があるエリアで物件を探す事をオススメします。
住宅探しをする上で気になる条件面ですが、前に使っていた食器などが残されていたりするので、即営業可の戸建て飲食店を営業する際は都合がいいですね!
建設費用を低く抑えられる平坦地なら、高台に比べてコストを抑えられます。
また、おすすめの条件として、カスタマイズ可の物件は間取りが決っていないので自由に部屋づくりができます。
もちろん、住宅を選ぶ上では、設備の充実度も気になりますよね。
新生活を憧れのシステムキッチン付きの住居で始めてみましょう!
快適な生活を送るために、一部屋でも和室が付いていると、落ち着いた雰囲気になりますよ。
家族が多い世帯には、クロゼットなど収納の充実した物件に住む事をおすすめします。
これらをを踏まえて、堺市西区で素敵なマイホームを見つけましょう。
堺市西区の不動産屋で最高の生活を始めませんか?