賃貸物件の初期費用は主に、敷金、礼金、前家賃、共益費、仲介手数料、火災保険料で、他にも不動産会社や大家さんによっては、契約事務手数料がかかる事もあります。金額は大体家賃6~7か月分となります。

関東と関西では賃貸物件の初期費用の項目が異なってきます。関東では「敷金」の項目が関西にとっては「保証金」となってきますので覚えておきましょう。

賃貸の初期費用はかなりの金額が発生するので、こちらを参考にしてみて下さい。まず礼金と敷金が約家賃の1~2か月分となり、仲介手数料・前家賃は約家賃1か月分、各種保険料やルームキーの交換が約1~2万円程になります。

賃貸契約前に把握しよう!気になる初期費用とその種類

敷金や礼金、仲介手数料などと賃貸契約する上で必要なのが初期費用となりますが、初期費用の中には火災保険料などもありますので、見落とさないようにしましょう。

初期費用は敷金や礼金、仲介手数料、家賃、管理費・共益費などとあり、賃貸契約時に発生するものとなります。各項目ごとでおおよそ家賃ひと月分必要となってきますので前もって調べて金額を用意していきましょう。

賃貸の初期費用は、敷金・礼金・前賃料・仲介手数料・火災保険・保証料が基本的な項目になりますが大体各項目の相場金額というのが賃料ひと月分となりますので金額を用意する際は賃料の約5~6倍の金額を契約前に準備しましょう。

賃貸の初期費用の各種金額とは?

初期費用の支払方法には現金や振込以外にもクレジットカード対応可能の賃貸物件も増加しています。クレジットカードは利便性が高く、すぐ支払いが出来る上にカードのポイントも加算されますのでとてもいいです。

マンション・アパートなどの賃貸契約時の初期費用の支払い方法というのは現金や振込が一般的ですが、賃貸物件によってクレジットカード払いが可能なパターンもありますので、カードポイントを貯めている方にとってはメリットが大きいと思います。

賃貸の初期費用は現金での一括・分割かクレジット対応での一括・分割の支払い方法が存在します。場合によっては賃料は別で、初期費用だけをクレジット決済を行うという事も可能になることも。

賃貸物件を契約時、現金または不動産が対応可能のクレジットどちらか選択して初期費用を支払う事が可能です。クレジットの分割払いは、一括・分割・リボ払いとあり、分割は3回・6回・12回…などと選択が可能です。

集合住宅の賃貸物件で必要な初期費用の支払い方とは?

広告

最初に宝塚市のおすすめスポットについてご紹介します。
宝塚市でお引越しが決まれば、以下の情報も参考にしてみてください。おすすめなのは老若男女関係なく誰でも楽しめる娯楽施設です。
また、気軽に弁当を食べたい時も、おいしいお弁当が置かれているお弁当屋さんがあるのでそこに行きましょう。
このように周辺に何があるのかも確認しておきましょう。続いては気になる条件!
前の住人によるタバコの臭い等がないので、非喫煙者限定の家は気持ちよく過ごせるでしょう。
部材セレクトタイプとオーダーメイドタイプのどちらかを選べる、カスタマイズ可の物件がオススメです。
ほかにも、海が近い賃貸物件に住めば、毎日海を眺めながらゆったり過ごす事が出来ます。
食器などが残されている即営業可の賃貸飲食店なら、これから営業を始めようとしている方にピッタリですね!
あなたの生活スタイルに合う条件が見つかると良いですね。最後に人気の設備情報!
洗濯乾燥機付の物件は、便利なので人気が高くなっています。
こちらの設備も人気があります!乾燥機付物件は人気の高い設備なので、最近は増えてきています!素敵な街の宝塚市で楽しい賃貸ライフを!