敷金、礼金、家賃・管理費、仲介手数料、火災保険、保証会社利用料、鍵交換代、退去時クリーニング費と8種類の費用が初期費用となります。賃貸物件によっては敷金0、礼金0も増えてきていますが、保証会社への加入が義務になっています。

必須初期費用は、敷金、礼金、前家賃、仲介手数料、火災保険料となります。不動産会社によって異なってきますが、保証会社の加入、防犯防止の為の鍵交換、クリーニング費用などと加算されます。これらを踏まえ平均的に家賃の5~7か月分の金額が賃貸契約時に必要となってきます。

賃貸契約時に気になるのは、初期費用ですが内訳として礼金と敷金が家賃の1~2ヶ月分、仲介手数料と前家賃が1か月分、火災保険や鍵の交換料が各約1~2万円程と考えておきましょう。

賃貸契約で大事な初期費用の種類を知ろう!

賃貸物件を契約するにあたり、契約前に知っておきたいのが初期費用の金額相場となります。全体合計でいくと家賃の4~5倍程で、各項目大体1か月分の家賃分が発生します。

賃貸契約時に必要となる初期費用として、敷金や礼金は約家賃の1ヶ月分、仲介手数料は0.5~1ヶ月分の料金が発生します。その他にも前家賃、管理費・共益費などがありますので金額を確認する事が大事です。

契約前に掛かる初期費用と相場に関してですが、まず敷金、礼金は家賃の約1ヶ月分程度、仲介手数料だと家賃の約0.5~1ヶ月分程度で、ざっと見て初期費用として必要相場が、家賃の4~5倍程を基準として見たほうが良いです。

賃貸物件は初期費用いくら発生する?

現金またはクレジットカードが初期費用が支払い方法となりますがそれぞれ一括・分割を選択できますので、自分にあった支払い方法を選びましょう。場合によっては初期費用はクレジットカードで家賃は別で払うという方法も選べます。

賃貸契約時の初期費用の種類としてメジャーな支払い方法が現金や振込、自動引き落としになるかと思われます。ですが初期費用は多額なためすぐに現金を用意するのが大変な場合は、すぐに支払える利点があるクレジットカード払いの物件を探すといいでしょう。

賃貸一戸建ての場合でも初期費用の方法はマンションやアパート同様、現金もしくはクレジット支払いのどちらかを選択出来ます。お得にしたいのであればクレジットでポイントを稼ぐのが一番です。

賃貸で一戸建てを借りる場合、初期費用の支払い方法は賃貸マンションやアパートと同様です。現金、またはクレジットカードでの支払いとなります。高い金額でもクレジットカードなら、ポイントも貯まってお得になります。

必須!賃貸物件の初期費用はどうやって支払うのがいい?

広告

おすすめ人気エリアの奈良市から、いくつかのスポットをご紹介していきます!
まずは、お引越し先の情報をよく調べておくことが大事です。
もし万が一の時でも、消防署があれば安全・安心です。
賃貸の近くに様々な施設があれば、生活もより快適に送れますね。
耳鼻科があるので、急に耳や鼻の調子が悪くなっても大丈夫です。
また、初めてお部屋探しをする方は、以下のような条件にも気を付けましょう。
風致地区は、自然が沢山ある環境で暮らしたいという方にオススメです。
賃貸の情報をしっかりと確認しておくと、引越し後の生活が快適になりますよ。
田園風景の広がる土地で、毎日楽しく穏やかな生活を送りましょう。
他にも、家族で安心した毎日を防犯強化地域の物件で送りましょう。
希望に合う条件を探してみましょう。
新しいイグサの香りの中で新生活を送れるので、畳張替済の物件は魅力的ですね。
不安な方は、設備もしっかりと確認することをオススメします。
洗濯物を干すのって面倒くさい事が多いですよね。洗濯乾燥機があればその手間も省けます!
設備の充実した物件を選べば、新生活も快適ですね。
車で通勤・通学している方は駐車場つきの賃貸物件をおすすめしています。奈良市の賃貸物件に住んで快適な生活を手に入れましょう!