敷金、礼金、家賃・管理費、仲介手数料、火災保険、保証会社利用料、鍵交換代、退去時清掃費用が賃貸物件の初期費用となります。近年は地域や場所によって敷金礼金は¥0になっている物件もあります。その場合は保証会社の加入が義務づけられています。

賃貸住宅契約の前後にはオーナーさんと不動産会社に、初期費用(金額は居住人数や地域・物件で異なる)である敷金・礼金、前家賃、仲介手数料、火災保険料を支払う事が必須になります。

最近では賃貸物件のオプションの一つとして「24時間緊急対応サービス」の物件も出てきました。これらは賃貸契約時の初期費用の一つとしてカウントされている事もありますのでキチンと確認をしてみましょう。

知っておこう賃貸物件の初期費用の種類

賃貸契約を行う事で、かなりの初期費用が発生します。契約前に、大体の金額相場を確認しておくと安心できるかと思われます。おおよそですが家賃の4~5倍の費用を用意しておいた方が良いでしょう。

初めて賃貸契約をする方にとってまず契約前に何を準備をしたら良いのかなど不明点が多いと思います。必ず必要となるのが初期費用で、敷金や礼金などそれぞれ賃料の1ヶ月分程が発生し、かなりの金額になりますので前もって金額を調べておきましょう。

賃貸契約時の初期費用として、敷金や礼金、仲介手数料が必須として入っていますが、物件や不動産会社によって火災保険料などの費用も掛かりますので、前もって把握しておきましょう。

把握してる?賃貸物件の初期費用の金額

賃貸での契約時、初期費用の支払い方法として現金または不動産で対応可能なクレジット払いが可能となります。クレジットでの支払い方法も選べ、一括・分割・リボ払いで選択する事が出来ます。

現金で一括・分割で支払う、または不動産会社がクレジット対応なら分割払いなどと賃貸物件の初期費用支払い方法が選べます。クレジットならリボか分割も選べますので自分のペースで払える目安が分かりやすいと思います。

賃貸マンションやアパート契約時に発生する初期費用の支払い手段は現金とクレジットカードとなります。現金で検討している方は不動産会社が行っているキャンペーンや入居日を月末近くで設定する事により初期費用が抑える事が出来る可能性がありますので、是非チェックしてみましょう。

一般的な初期費用の支払い方法として現金や振込がありますが、デメリットとして手続きなど準備に時間がかかってしまうので契約にも影響が出ます。近年ではクレジットカードで支払い可の賃貸物件がありますので早めに契約したい方には理想的な支払い方法となります。

賃貸の初期費用はどう支払う?

広告

塚口で気持ち良く暮らしたいなら、設備・条件・施設が揃った物件を探しましょう。
最初に抑えておきたい塚口にある施設ですが、品揃えの多い書店なら、欲しい本もきっと見つかるでしょう。
その近くには、毎日友人たちと遊べる児童館があると、お子様も喜びますね。
他にも便利な施設がたくさんあります。
エリア内の代名詞といえるような施設といえば、娯楽施設でしょう。
塚口には、まだまだおすすめの施設があります。
消防署が近くにあれば、震災の時でもすぐに対応してくれます。重要なのは、こうした色々な情報から物件を選ぶことなのです。

次は賃貸のおすすめ条件をピックアップしました!
一口に非喫煙者限定物件といっても色々な種類があるので喫煙者の方は注意して住まい探しをしましょう。
特におすすめなのが、田園風景に囲まれた物件なら、のびのびと子育てをしていけるので良いですよ。
それだけでなく、交通の利便性も高いので、3駅以上利用可の物件に住んでみましょう。
こだわりのがあるのなら、新しい生活を、治安の良い防犯強化地域でスタートさせましょう。
今一押しの賃貸を塚口で見つけましょう。