最近では賃貸物件のオプションの一つとして「24時間緊急対応サービス」の物件も出てきました。これらは賃貸契約時の初期費用の一つとしてカウントされている事もありますのでキチンと確認をしてみましょう。

賃貸契約の主となる初期費用は主に、礼金、敷金、前家賃、仲介手数料、火災保険料となります。ちなみにオーナーへのお礼金としてあるのが礼金、家賃が払えない時の保証金、または修繕費になるのが敷金となります。

初期費用の目安ですが、オーナーに支払う礼金と敷金で家賃の1~2ヶ月分で、仲介手数料や前家賃は1か月分となります。他に火災保険、鍵交換費用は1~2万程と賃貸契約時にはこの位かかると言われてています。

賃貸契約に必要な初期費用はどのくらい?そしてその種類は?

大体の賃貸物件の初期費用の価格帯を調べてみると、大体各項目で家賃1か月分ほどが目安となっており、物件によっては敷金・礼金・仲介手数料のいずれかが0円になってるのもあります。ちなみに火災保険料は人数・会社によりますが、1.5~2万円程となります。

初期費用は、必須項目が最低6種類あり、敷金、礼金、前家賃、仲介手数料、火災保険料、保証料となります。仮に家賃5万円の賃貸物件を想定して初期費用の計算した場合、合計で26万9000円が最低でも必要となってきます。

賃貸物件を契約するにあたり、契約前に知っておきたいのが初期費用の金額相場となります。全体合計でいくと家賃の4~5倍程で、各項目大体1か月分の家賃分が発生します。

把握してる?賃貸物件の初期費用の金額

初期費用の種類として敷金や礼金、仲介手数料、管理費などとあり現金支払いする事が一般的でした。最近ではクレジットカード支払いも可能になっている賃貸物件もありますので契約前に確認してみましょう。

賃貸契約時に必要な初期費用の中には敷金や礼金、仲介手数料、管理費などが存在します。現金支払いが一般的な支払方法となりますが、昨今はクレジットカード支払いも可能の物件も増加しています。

賃貸マンション・アパートの初期費用をクレジットカードで支払い出来る物件が出てきております。主に支払い方法として現金か振込などもありますが金額が大きく用意が難しいのですが、クレジットカードならすぐに支払えますしポイントも沢山貯まるのでメリットのある方法であるといえます。

初期費用の一般的な支払い方法として現金や銀行の振込、自動引き落としなどが挙げられます。最近だとクレジット支払い可能な所もあります。クレジット払いとなると一番の魅力がポイントを貯蓄出来る事です。

賃貸を借りる前に初期費用の支払い方法を確認

広告

私がオススメするのは、便利で住みやすい塚口の不動産です!

最初に塚口の施設を紹介します!
映画鑑賞が趣味なら、レンタルDVDでDVDを借りることが出来ます。
お買い物を楽しめる商業施設の近くなら、毎日楽しく過ごすことができます。
不動産を探すときは注目しておきたい公園で体を動かして運動不足を解消しませんか。
ペットのもしもの時の為にも、動物病院に連れていくことができます。
周辺環境は大切なのでじっくり検討したいですね。

次は条件です。こだわりの条件はありますか?
毎日仕事で疲れて帰宅しても、静かな環境にある物件ならリラックスできます。
リバーサイドの物件は、日々の癒しを求めている方にはオススメです。
また、文教地区と呼ばれる地域は、全国に複数ヶ所あります。
条件を絞る事により、より良い暮らしが送れます。

最後に気になるのが設備です。
すっきり衣類を収納できるので、ウォークインクロゼット付き物件はおすすめです。
家族の声を聞きながら、お料理をする事が出来るカウンターキッチンがおすすめですよ。
生活を快適にする設備はあるととても便利ですし、防犯意識が高い方にオススメしているのが、オートロック付きの物件になります。
して頂きたい事は、暮らしやすい塚口で不動産を見つける事です。