オーナーに支払う事になる賃貸契約時の初期費用の詳細は、礼金と敷金が(家賃の1~2ヶ月分)、仲介手数料、前家賃、火災保険、鍵の交換料などその他にもある場合もあります。

大家さん・不動産に初期費用を契約前後に支払っていく必要があります。主に敷金礼金、前家賃、仲介手数料、火災保険料といったものになりますが、種類や金額は居住人数や地域、賃貸物件によって変わっていきます。

支払う初期費用の種類ですが、賃貸物件地域や不動産会社によって違ってきますが主に必要なのが敷金・礼金、前家賃、仲介手数料、火災保険料をメインに複数あります。

賃貸を探す前にチェック!初期費用の詳細を理解しよう

賃貸物件の初期費用の種別ですが、敷金・礼金・前家賃が各家賃1か月分、仲介手数料が¥0~上限は家賃1か月分+税、火災保険が1.5~2万円ほどで、保証料は家賃半月分~1か月分が目安となっていきます。

実際、家賃の5~6倍位が賃貸物件の初期費用の金額となってきますが、敷金、礼金0円の物件や、一定期間家賃無料で住む事が出来るフリーレントサービスを検討する事で初期費用が抑えられることができます。

初期費用というのは大家さんや不動産会社に支払う契約金のことを指します。主に敷金・礼金、前賃料、仲介手数料などが含まれています。相場金額は、地域や物件で変動しますが、家賃の約5~6か月分が必要となります。

初期費用の金額とは?賃貸で借りる前に分かっておこう

気になる初期費用の支払い方法ですが、現金で一括・分割どちらかで支払う、それか不動産会社さんがカード対応可能であれば、クレジットの種類、支払い方法、回数を選んでから賃貸契約に進むという方法もあります。

賃貸一戸建ての場合でも初期費用の方法はマンションやアパート同様、現金もしくはクレジット支払いのどちらかを選択出来ます。お得にしたいのであればクレジットでポイントを稼ぐのが一番です。

初期費用の支払い時、現金や振込や引き落とし方法だとどうしても準備や手続きなどで時間がかかってしまいます。それらを解消できるのが近年の賃貸物件で増加しているクレジットカード払いとなります。従来の支払いよりもスムーズに支払いができますので便利な方法です。

やはり賃貸契約は何事も無く行う方法として、これらは契約前に確認しておくのがベストです。例えば初期費用などの支払い方法が現金かクレジットなのかも事前に確認すると物件選びの参考にも繋がります。

必須!賃貸物件の初期費用はどうやって支払うのがいい?

広告

静かで落ち着いた雰囲気が魅力で人気なのが、伊丹市エリア周辺です。
伊丹市は住環境が良く、様々な施設がありますよ。
たくさんの種類の本を取り扱っている書店にはすぐ行くことができます。
他にも、子どもを預けるなら、通園に手間もかからない保育園がオススメです。
伊丹市でお引越し先に希望する条件はありますか?
カップル向け物件は恋人と快適で素敵な住空間を作る事が出来るのでオススメです!
また、街中では見れないような動植物も風致地区でなら見ることができます。
物件さがしをするなら初期費用5万円以下の物件は、引越しにお金をかけたくない人にもおすすめできます。
賃貸なら下記の条件も考慮してみませんか?陽当り良好の物件は、冬場でも光が当たるので部屋の中が暖かく過ごしやすいです。
色々な条件を見ましたが、物件の設備も大切です!夏の暑い日も寒い冬の日も、エアコンがあれば問題なく部屋の中で生活出来ますね!
その他に、新しく住んだ部屋に洗濯機があれば、重い洗濯機を運ぶ手間がかからなくなるので楽です。 賃貸物件生活を伊丹市で送れば、素敵で楽しく生活が出来ます。