最近では敷金・礼金が0になっている賃貸物件も増えてきていますが、この場合、前家賃1ヶ月分を初期費用として支払う事になる事もあります。それ以外の初期費用として仲介手数料、火災保険料、保証料とあります。

初期費用の一部にある火災保険費や鍵の交換費に関しては、おおよそですが火災保険費が約1万5千円~2万円、部屋の鍵の交換料が約1~2万円程発生しますので賃貸契約前に確認しましょう。

賃貸契約時に気になるのは、初期費用ですが内訳として礼金と敷金が家賃の1~2ヶ月分、仲介手数料と前家賃が1か月分、火災保険や鍵の交換料が各約1~2万円程と考えておきましょう。

知っておこう賃貸物件の初期費用の種類

敷金・礼金・前家賃・仲介手数料・火災保険料・保証料と6項目が初期費用の基本的に必要な項目になります。家賃5万円の賃貸物件で考えた場合、合計26万9000円程が少なくても必要となります。

賃貸契約時に必要となる初期費用として、敷金や礼金は約家賃の1ヶ月分、仲介手数料は0.5~1ヶ月分の料金が発生します。その他にも前家賃、管理費・共益費などがありますので金額を確認する事が大事です。

賃貸契約の初期費用というのはオーナーさん・不動産会社に支払う契約金の事を指します。初期費用には敷金や礼金、前家賃、仲介手数料などが含まれ、地域にもよりますが大体の相場が家賃の5~6か月分程と言われています。

賃貸の初期費用はそれぞれいくらかかる?

現金や振込が初期費用の一般的な支払い方法ですが、銀行やATMで出金したり、振込手続きを行う必要があるため、忙しい人には向いておりません。最近はクレジットカードですぐ支払いが可能になっているので、賃貸マンションやアパートの契約時には有効的な方法と言えます。

賃貸物件の初期費用支払いの手段として現金や振込、自動引き落としなどがあります。近年ではクレジットカード可の物件もあるので、現金を用意せずにカードのみで契約出来るという大きな利点があります。

賃貸で一戸建てを借りる場合、初期費用の支払い方法は賃貸マンションやアパートと同様です。現金、またはクレジットカードでの支払いとなります。高い金額でもクレジットカードなら、ポイントも貯まってお得になります。

現金またはクレジットカードが初期費用が支払い方法となりますがそれぞれ一括・分割を選択できますので、自分にあった支払い方法を選びましょう。場合によっては初期費用はクレジットカードで家賃は別で払うという方法も選べます。

集合住宅の賃貸物件で必要な初期費用の支払い方とは?

広告

住環境の良い塚口で賃貸を探しませんか?
このエリアは周辺環境が充実しており、安心して暮らしたいなら、警察署が近くにある場所に住みましょう。
他にも日頃利用する施設があるか確認し、児童館なら天気が悪い日でも、お子様を楽しく遊ばせる事が出来るのでおすすめです。
こうした施設が揃っていれば、快適な暮らしができるのではないでしょうか?
放課後に友達と遊ぶ事が出来るので、家の近くに児童館があれば便利でしょう。もちろんこれだけでなく、塚口には様々な施設が充実しています。
歩いて通園したければ近所に保育園がある所に住みましょう。満足のいくお部屋を見つけることをオススメします。
洗濯をもっと快適にさせたいなら、洗濯乾燥機の付いたお部屋の引っ越しを検討しましょう。
賃貸の設備が充実していると、日常生活に不便を感じずに済みます。
エレベータ付きの物件なら、小さな子どもやお年寄りの方も安心して過ごせます。
物件を探す際には、休日のお出かけも楽しくなる2駅利用可能の物件に住めば、行動の幅も広がりますね。
どんなお部屋がいいのか、事前に想像してみることも大切です。
駅周辺の好立地エリアを先に探すのが良い物件を探す上でのコツです。
それぞれの条件にどんなメリットがあるのか確認することもおすすめです。
DIYが趣味でしたら、カスタマイズ可の賃貸物件に住めば自分でお好みな部屋にアレンジできますよ。

また、条件だけでなく設備にも注目してみましょう。
温水洗浄便座付のトイレは、快適な生活を送るために欠かかせません。
セキュリティ面がしっかりしていると、安心して毎日を過ごせますね。
洗濯乾燥機付物件の魅力は、天気に関係なく洗濯物を乾燥させる事ができるところです。
特に緑豊かな住宅地で暮らすのは、子育てや教育の場としてピッタリです。
自分自身の希望に合った条件を探してみてください。
部屋の位置によっては見えにくい場合もあるので、花火大会鑑賞できる賃貸物件でも部屋選びは注意しましょう。
いろいろな物件をみながら、最適な物件を選んでみましょう。
賃貸を選ぶならやっぱり塚口がお勧めです!