表記方法に関してルールがないので驚かれる方も多いと思いますが、これらに関してはあくまでも「呼称」なので、どのような条件の物件をなんと呼ぶかは扱う会社側の都合によるのです。

賃貸にはない快適な暮らしやこだわりなどを求めている方も沢山いるかと思います。その方々は分譲賃貸マンションで探すと理想な条件が見つかるかと思います。

表記の方法ですが、鉄骨/重量鉄骨/鉄筋コンクリート/鉄骨鉄筋コンクリートの構造になっている場合だとマンションで、木造/軽量鉄骨構造の場合はアパートと表記しており、基本的に何階建ては関係がないです。

マンションでも賃貸と分譲で支払うお金は変わる?

分譲マンションは基本的にマイホームとして購入する人が多く、また自分好みに出来るので 賃貸マンションに比べて居住性の高いものが多いのが特徴です。

物件を探す際、築年数が古い木造アパートと鉄筋コンクリート造分譲マンションを比べると分かる通り、災害やセキュリティなど多様なメリットがあるのが分譲マンションになります。

管理会社が使用する登記簿謄本という建物の調査に必要な書類ですが、こちらにも「アパート」「マンション」などの表記区分はされておらず、建物構造や階建て、面積などの記載のみとなっております。

セキュリティ面の状態

順調にいけば、マンション全体の管理会社に連絡をしたら対応可能ですが、万が一揉めてしまった場合は権利関係を理解し、自分で解決していかなければならない為、中々骨が折れます。

コンクリートだと遮音性が比較的に高いので、最近トラブルが多発している隣や上下階の部屋同士での騒音被害が防げやすくなります。

オーナーさんは賃貸物件1棟全てを所有しているのが主なので、何かしらトラブルや問題があった場合はオーナー権限で色々できたりします。

近年マンションに限らずアパートも防犯性に優れている物件が多くなっており、特に防犯カメラ搭載してる物件が増加傾向にあります。

契約前に確認すべき事

長期間住む事を目的でつくられたのが分譲マンションなので、生活をサポートする設備が充実しているので快適な生活を過ごせます。

設備関連はまず、ライフスタイルに合ったものなのかどうかを確認する事が物件を検討する上で重要になってきます。

ちゃんとした仲介業者がいるかどうか、またどこまで管理くれるのか、契約時にチェックするべき項目になります。

広告

今日は逆瀬川駅が人気の理由を紹介していきたいと思います。

[逆瀬川駅の施設情報]
①自転車での送迎も楽な逆瀬川あゆみ保育園があり、共働きでも安心して仕事ができます。
②遊ぶだけではなく、季節ごとのイベントも体験できる山本山手子ども館があります。
③逆瀬川駅西消防署が近くにあるので、震災の時もすぐに対応してもらえます。
④今話題の作品も、近くのシネ・ピピアで観ることができます。物件選びには、物件の情報以外にも様々な情報が必要になります。

[賃貸のおすすめ条件]
①近くに公園のあるファミリー向け物件なら、子供を遊ばせることができます。
②カップルで同棲、友人とのルームシェアするなら、2人入居相談をしましょう。
③四季の移ろいも感じられる緑豊かな住宅地は住環境に最適です。
④建築規制が市町村によって異なる文教地区は、注意が必要です。
そんな快適な暮らしを始めませんか?逆瀬川駅ならあなたにピッタリな賃貸が見つかります。