ペット可・ペット相談可の違いとは

最近ではペット専用の洗い場やトイレが備えられて、ペット飼育が前提であるマンションを建てたりなど需要を考慮したペットと暮らす人にとって安心な物件が増えております。


中心街付近になると、ペット可能の物件が少なくなりがちで、その理由として普通の物件と違って修繕や近隣住民の配慮というのがあり、物件があったとしてもも「小型犬1匹のみ」と限定されます。


以前はペット可の物件はデメリット部分も多かったですが、最近ではペットを飼う人も多くなってきたということもあり、貸主の条件も緩くなってペット可物件が増えてきたり、ペット可専用の賃貸物件もあったりします。


犬と猫どっちが許可が下りやすい?

ペット受け入れを検討しているオーナーさんが「ペット相談可」物件を提示しており、飼い主である借主と状態や飼う予定のペットの種類などを確認した上で判断する事が出来ます。


ペット可と比べてペット相談可は希望者の相談を聞いたうえで、ペットと一緒でも問題ないかどうかを判断した上で入居できる物件なのでペットの可否は家主によって決まります。


ペット相談可と書かれる物件というのは、条件が通れば確実にペットと住む事が出来るペット可物件とは違い、相談をされた上で可否の判断によっては一緒に住めない場合があります。


気をつけて頂きたいのが、ペット相談可の物件はあくまで希望する人は相談して下さいという意味での表記ですので確実にペットと一緒に居住できるとは限りません。


ペットを飼うなら高層マンションはNG?

ペット可の物件はまだまだ数は少ないこともあり、入居を希望する方が多いのが特徴です。ですが、焦って選択肢が狭まってしまう可能性もありますので出来るだけ物件の優先順位をつけていくのが良いでしょう。


ペット不可物件に比べてまだまだ少ないペット可物件な為、通常物件よりも探すのが困難です。すでに引っ越す事が決まっているのであれば前もって物件探しを進めていくのが良いでしょう。


ペット可になっている物件というのは、主にあまり入居者が集まらないために策の一つとしてペット可として募集を書けている場合があります。


広告

神戸市灘区は一人暮らしをするだけでなく、家族での暮らしにもオススメです。土地を探すなら、下記の色々な条件を参考にしてはいかがでしょうか。

◆こだわり条件◆
・起業支援を受けながら飲食店を開業出来る、飲食店可の物件を探しましょう。
・起業支援を受けながら飲食店を開業出来る、飲食店可の物件を探しましょう。
・飲食店可の物件でなければ飲食店の開業が出来ない場合もあるので注意しましょう。
・色々とこだわりたい方には、見た目を自由に変えることができる路面店が良いでしょう。
あなたの希望条件はありましたか?神戸市灘区の土地を使って、優雅なスローライフを満喫しましょう!

◆神戸市灘区の用途地域◆
・住宅の周囲が急に変わる事無く、価格が変動しにくいのが第一種低層住居専用地域の特徴です。
・建物の高さが10mあるいは12m以下のエリアが、第一種低層住居専用地域となります。
・第一種低層住居専用地域で建築出来ないのは、建築大学や専修学校、ホテルなどです。

建築する際には要チェックですね。他にも神戸市灘区には映画館の近くに店舗を建てれば、お客様が増えるかもしれません。
より良い生活には周辺の環境や条件、用途地域もしっかり確認しましょう!