ペット可とペット相談可流れの違い

最近だと「ペット共生型賃貸」「ペット共生マンション」という物件もあり、これらはペットと暮らす前提で造られた物件となりますので飼い主にとっては満足な環境が整っている場所となります。


近年のペット需要を踏まえ、全戸ペット可能の物件にし付加価値を高め入居者を確保しようとする物件や、オーナーが許可してペット可にしている物件も増えてきているようです。


トイプードルやチワワなどの小型犬は毛が抜けたり匂いが大型犬に比べ発生しにくいので、ペット可の物件としてあえて小型犬のみと記載している物件もあるようです。


ペット相談可物件の流れとは

ペット相談可物件の際、事前に確認して欲しいのが敷金や家賃などの金銭面で、これらがペットと一緒に住む事になった場合加算される可能性もありますので気をつけましょう。


ペット可の物件とは違って、ペット相談可の物件のペットの可否は家主に決定権がありますので、確実にペットと一緒に暮らせるということはありません。


ペット相談可と記載されてた場合、ペット飼う際に管理会社やオーナーさんに相談していきトータルを見て問題ないと判断され許可が下りたら飼う事ができます。


当たり前ですが、ペット相談可の物件で大家さんや管理会社に内緒で小動物を飼うのはNGで、事前に飼う際は必ず相談をしておきましょう。


ペット可物件は早めに探すのがポイント

敷金は主に退去後に修繕費として充てられることもありますが、ペットと一緒に住んでいた場合だと一部負担するなどの可能性もありますので、これらは後ほど確認しておくといいでしょう。


基本飼育頭数やペットの種類は限られており、小型犬や猫といった動物が大体となります。これは物件によって変わってきますので、事前に確認しておくとスムーズです。


ペットを飼っていた賃貸物件だと、原状回復義務としてペットが原因となるであろうニオイや汚れ、傷に関しては特約に基づき負担をする場合があります。


広告

周辺環境や条件、設備の整った尼崎はお引越し先にオススメです。
このエリアには様々ジャンルの施設があり、おすすめスポットは断然塚口さんさんタウンです!
近くにはあると便利な西武庫訪問看護ステーションがあり、安心した生活を送る事ができます。
まだまだ色んな施設がありますよ!
お買い物は、便利なHYPERSHOP(ハイパーショップ)グンゼタウンセンターつかしん店があります。
最後は家族やパートナーの方にも重宝される施設になります。
丁寧な対応の尼崎中央病院があるので、体調を崩してもすぐに行けます。物件選びにはこのように様々な情報が必要になります。
気になるのが賃貸の条件面ですが、敷金不要物件は初期費用を抑える事ができるのでお得です。
それだけでなく、遅延や運休が起きた時にも3駅以上利用可なら他の駅を利用できます。
物件の条件には様々なものがありますが、静かな環境の物件は、心地良い生活を送ることができるでしょう。
また朝でも夜でも綺麗な海が見えるオーシャンビューのお部屋で暮らしませんか?
紹介したような物件をお探しの方はこちらhttps://www.hatomarksite-zentaku.com/hyogo/chintai_line/eki5/ekikensaku5700/