ペット可物件でも制限が存在する

最近では騒音被害のトラブルも多いため、ペット可でも吠える声が大型犬より小さい為、小型犬のみと指定されている物件もあります。これらは賃貸のみだけではなく、分譲でもあります。


オーナーさんや物件の管理会社のどちらかが、物件内で飼えるペットの種類・数を決めた上で「ペット可」の物件を提示していますので、その条件を満たせば入居可能となります。


オーナーさんや物件管理会社で取り決めた飼育可能種類・飼育数であれば入居可能であるのがペット可能の物件となっております。


ペットが飼えるのかどうかは家主の判断

相談可の物件でも猫は犬に比べてNGになりやすく、その理由の一つとして行動範囲が広く高い場所まで登れるのでその分傷つく箇所もふえてしまう為NGになりやすいようです。


「ペット相談可」表記の物件で注意してほしいことが、ペットと暮らしていいかどうかの判断は貸主になりますので、ペットと一緒に暮らせるのが確実という事は無い事を知っておいてください。


「ペット相談可」物件で気を付けて欲しいのが、表示価格がペットを飼わない場合の金額で出しているパターンが多く、ペットと一緒に入居となると追加料金として家賃などが高くなってしまう可能性があります。


近年ペット需要が高い中、ペットの受け入れを検討している大家が「ペット相談可」の物件を提示する事により入居者も増え、また都度ペットの種類などの判断ができますので安心です。


物件に住む時はニオイ対策を

ペット可物件には条件があり、「壁を傷つける猫は不可」「犬は小型犬のみ可能」という形で規約に記載されていますので、もし気になる物件があれば規約を確認できるかどうか確認してみると良いでしょう。


ペットを飼っていた賃貸物件だと、原状回復義務としてペットが原因となるであろうニオイや汚れ、傷に関しては特約に基づき負担をする場合があります。


ペットを飼う場合、退去時の事も頭に入れておくべきでしょう。通常は敷金で原状回復費用として充てられますが、場合によっては一部負担する可能性もありますので不動産会社などに話を聞いて把握しておきましょう。


広告

最初に大阪市西区のイチオシスポットを紹介します。
まずご紹介するのは、大阪市西区の施設に関する情報です。
毎日のお買い物はボーネルンドあそびのせかい グランフロント大阪店を利用してはいかがでしょうか?
続いて日々の買い物や休日のショッピングに便利なボーネルンドあそびのせかい グランフロント大阪店がオススメです。
また、毎日友人たちと遊べる英語で預かる学童保育 Kids Duo上本町があると、お子様も喜びますね。
最後はこちらの施設もおすすめですよ。お休みの日には友人や恋人と、なんばパークスシネマで映画を見ませんか?お部屋探しの際には、こうしたエリア情報も重要です。
周辺施設だけでなく、賃貸の条件についても調べておきましょう。
花火大会鑑賞できる賃貸物件を選ぶ際には、物件周辺が人混みになるのでセキュリティ面を重視することも大切です。
それだけでなく、これから子育てをする方におすすめの、閑静な環境の物件があります。
さらにあるとうれしい引越す際は、年内入居可の物件から探してみませんか?
もちろん、大型タウン内はのびのび遊べる環境なので、親御さんも安心でしょう。
紹介したような物件をお探しの方はこちらhttps://www.miraie-osaka.com/