ペット可物件でもデメリットがある

「ペット共生型賃貸」「ペット共生マンション」という最初からペット可の物件も存在しており、ペット可の賃貸物件と違ってペット専用の洗い場やトイレなどがあるので、とても過ごしやすい場所になるかと思われます。


ペット可能と記載されている物件があったとしても可能な動物や飼育数が限られている物件が殆どですので、全部のペットを飼うことができると考えない方が良いでしょう。


なぜペット可物件の条件として小型犬が多いのかというと、匂い問題や鳴き声がトラブルに繋がる可能性が少なからずあるために小型犬を指定として挙げている物件が多いのです。


ペットOKとなっても動物によってNGになる事も

「ペット可」物件に比べて確実ではありませんが、貸主に相談し許可が出たらペットと一緒に暮らせることができるのが「ペット相談可」物件となります。


「ペット相談可」物件で気を付けて欲しいのが、表示価格がペットを飼わない場合の金額で出しているパターンが多く、ペットと一緒に入居となると追加料金として家賃などが高くなってしまう可能性があります。


ペット相談可の物件では犬は問題ないが猫は…という事が多く、その理由の一つが犬に比べて猫だと傷つける範囲が広いということもあり修繕に時間とお金がかかるため拒否されているようです。


ペット相談可は相談すれば必ずペットと一緒に入居に出来るという訳ではなく、オーナーや管理会社の判断によってはNGになる場合もあります。


ペット可物件は人にとって条件が悪い物件も

一般的な飼育可能な数は2頭までで、ペットの種類も主に小型犬や猫のみとなっている物件が大半となってます。これらは地域や物件によっても異なってきますので他の動物などを検討している場合は確認しておきましょう。


基本飼育頭数やペットの種類は限られており、小型犬や猫といった動物が大体となります。これは物件によって変わってきますので、事前に確認しておくとスムーズです。


人気の無い物件だと中々入居者が来ませんので、その打開策としてペット可にする場合がありますのでその認識で物件を探すようにしましょう。


広告

人気の大阪周辺は、静かで落ち着いた雰囲気です。
大阪の賃貸に関する情報は、こちらから確認できます。
旧作も新作も揃うレンタルDVDがエリア内にあります。
日常生活で良く利用する施設があるかどうかも、しっかり確認しましょう。
地域の安全のため、パトロールも行う警察署が近所にあります。
賃貸探しの際に注目してほしい条件がこちらです。
緑豊かな住宅地だと、四季の変化に合わせて地域の景色も変ってきます。ほかにも、居心地の良いSOHO向け賃貸物件を選んで、気持ちよく仕事をしましょう。
間取りや賃料だけでなく、こうした条件もチェックすることが大切です。
学生敷金不要の物件は、お金を出来るだけ抑えて引越しができます。
もちろん、キッチン部分のリフォームをする際には、使い勝手の良さを考えましょう。
物件の住みやすさは、その設備によっても決まります。
フローリングの床はお掃除が簡単なので、家事の時間を減らすことができるんです。
他にも次のような設備があると便利です。
子どもがご飯をこぼしたり、泥だらけで帰ってきても、フローリングのお部屋なら汚れにくく安心です!お伝えしたような、住み良い街の大阪にて賃貸を見つけましょう。