ペット可物件でも制限が存在する

ペット可の物件は大体築年数が長く、また交通の利便性も悪かったですが、近年では物件の付加価値を高めるためにペット共生賃貸住宅を建てたり、元々貸主が動物好きということでペット可の物件が徐々に増加しています。


もし気に入った物件が「ペット相談可」であれば、ペットを飼う前に管理会社と大家さんに確認し、問題ないと判断されたら飼うことが可能になります。


分譲でもペットを飼う事が許可されている物件もありますが、注意してほしいのがペット可と言っても沢山飼っていいという訳では無いですし、飼ってもいいペットも限られている場合がありますので気をつけましょう。


ペット相談可物件でも一緒に入居できない場合も

猫は行動範囲が広めで高いところまで登って壁にまで傷をつけてしまうこともあるので、相談可能の場合は猫拒否する場合もあるようです。


相談可物件で確認しておきたいのが、どの動物ならOKかどうかです。例えば猫は犬と比べて床や壁などを爪で傷をつけてしまう事が多いことでNGになりやすいようです。


犬の行動範囲に比べて猫はかなり広く壁なども登ったり出来ることもあり、その分傷が多くなるという事になりますのでペット相談可能物件では猫は拒否されるケースが多々あります。


「ペット相談可」は、まずは大家さんや管理会社へ相談し、総合的に判断されて許可をもらう形となっている物件になります。


ペット可物件の時は敷金の使用方法も確認

敷金の取扱い方法も事前に確認しておきましょう。ペットを飼っていた場合、原状回復費用は通常より高くなる可能性があるため、別で負担する必要があるのかどうかを知っておくと後々安心です。


賃貸物件でペットを飼う事が許されても、規則上NGとなっている動物があれば飼う事はできません。例として「壁を傷つける可能性があるとして猫はNG」などがあります。


ペット可物件ではペットを飼う際のルールもあり、例えば「小型犬までは可能だが、中型犬・大型犬は飛びついて危険性があるの為不可」「猫は壁を傷つける可能性があるため不可」などとあります。


広告

山科での物件探しをお手伝いするために、いろんな情報を伝えます。

[山科の施設情報]
①設備が揃った洛和会音羽リハビリテーション病院でなら、安心して診察してもらえますね。
②様々なジャンルの作品も、近くの出町座で楽しむことができます。
③エリアに根ざした醍醐児童館なら、勉強も見てくれます。
④毎日友人たちと遊べる醍醐児童館があると、お子様も喜びますね。物件探しをするときには、色々な角度からの情報を見て選ぶ必要があります。

[敷金礼金0のおすすめ条件]
①眺望良好物件は、地面から離れているので、車やバイクなどの音が聞こえにくく快適です。
②シーズンオフの空き部屋対策として、敷金不要物件が導入される場合があります。
③リビングが広いファミリー向け物件だと、お子さんの勉強スペースに困らなくなります。
④駅徒歩5分以内の物件なら駅周辺での買い物も気軽にできますね。
そんな快適な暮らしを始めませんか? 山科がお勧めする敷金礼金0で素敵な生活を送りませんか?