ペット可・ペット相談可の違いとは

数は少ないですが、物件の中に「多頭飼育可」「多頭飼育応相談」と表記されているのもあります。もし沢山の動物を飼いたいと考えているのであれば検討してみてはいかがでしょうか?


時々「ペット相談可」の物件を見かけると思いますが、これはペットを飼う際に大家さんもしくは管理会社に相談し、飼う予定のペットの種類や飼育数などを見て、特に問題がなければペットも一緒に入居できます。


物件の貸主である大家さんと物件管理会社が前もって定めた、物件で飼育可能動物の種類と飼育する数を上回らなければ居住できるのが「ペット可」の物件となります。


小動物なら一般的な物件で飼っても大丈夫?

行動範囲が広いのが特性の猫だと、いろんな場所に傷跡が付いてしまい、その分物件の価値が下がってしまう為、それを心配し猫をNGとしてしまうケースが多いようです。


ペット相談可と書かれている賃貸物件というのは希望なら相談可能ということで、必ずペットと一緒に住めるという訳では無く、オーナーの判断で断られる場合もあります。


ペット相談可物件の際、事前に確認して欲しいのが敷金や家賃などの金銭面で、これらがペットと一緒に住む事になった場合加算される可能性もありますので気をつけましょう。


「ペット希望の方は相談して下さい」がペット相談可の意味になりますが、あくまで相談となりますので大家さんもしくは管理会社さんが判断し許可が下りなければ、ペットと一緒に住む事はできません。


物件に住む時はニオイ対策を

退去時の敷金の使用方法に関しては前もって確認した方がよく、敷金で原状回復費用として一部充当されるのか否かを確認しておかないと後々大変な事になります。


基本飼育頭数やペットの種類は限られており、小型犬や猫といった動物が大体となります。これは物件によって変わってきますので、事前に確認しておくとスムーズです。


物件によって異なってきますが、大体飼育可能のペットというのが、猫か小型犬となり、最高でも2匹まではペットを飼ってもいいと決められている物件が大半です。これらはあくまで一例ですので管理会社などに条件などを確認しておくと良いでしょう。


広告

須磨は快適な暮らしを送るのに申し分ない地域となっています。
このエリアは周辺環境が充実しており、丁寧な対応の吉川クリニックがあるので、体調を崩してもすぐに行けます。
他にも日頃利用する施設があるか確認し、すぐに診察を受けたい時も、吉川クリニックがあるので安心です。
こうした施設が揃っていれば、快適な暮らしができるのではないでしょうか?
震災の時もすぐに対応してくれる須磨消防署があります。もちろんこれだけでなく、須磨には様々な施設が充実しています。
中耳炎になった時も、古閑耳鼻咽喉科医院ですぐ診てもらえます。満足のいくお部屋を探しましょう。
寒い日のお風呂も、浴室乾燥機付の物件なら快適です。
賃貸の設備が充実していると、日常生活に不便を感じずに済みます。
温水洗浄便座が必要不可欠な設備!と考える人は意外とたくさんいます。
物件を探す際には、2沿線利用可物件は一方の路線が使えなくてももう一方の路線で通勤できます。
どんなお部屋がいいのか、事前に想像してみることも大切です。
新築物件で、区画整理地内であればさらに住みやすくなるでしょう。
それぞれの条件にどんなメリットがあるのか確認することもおすすめです。
気持ちよく快適な生活が送れる、陽当り良好の物件を探してみませんか?

また、条件だけでなく設備にも注目してみましょう。
エレベータ付きの物件なら、荷物が重くても部屋まで楽に運べます!
セキュリティ面がしっかりしていると、安心して毎日を過ごせますね。
雨の続く梅雨の時期でも、洗濯乾燥機付き物件なら心配ありません。
特にゆったりと子育てしたいという方には、閑静な環境が最適です。
自分自身の希望に合った条件を探してみてください。
未入居のお部屋はまっさらな状態なので、綺麗な部屋で新生活を始められます。
いろいろな物件をみながら、最適な物件を選んでみましょう。
優雅な生活を手に入れるなら須磨の賃貸で!