共生型物件でペットと飼い主が暮らしやすく

ペット可の賃貸物件とは別に、既にペット可能の賃貸物件として建設された「ペット共生型賃貸」が増えてきており、飼い主とペットが暮らす上で便利なペット専用の洗い場やペットトイレなどが備わっている物件となります。


もし多くの動物を家で育てたいと考えているのであれば、数はかなり限られていきますが「多頭飼育可」「多頭飼育応相談」の物件もありますので探してみてはいかがでしょう。


「ペット可」と「ペット相談可」の違いというのは、前者は既にペットの種類と数は決められていて問題なければ住める物件で、後者はオーナーか管理会社に確認し問題ないと判断した上でペットと住める物件となります。


ペットOKとなっても動物によってNGになる事も

ペット相談可物件は、ペット居住希望を考えている方は相談して下さいという意味で表示している物件の事でこの可否に関しては大家や管理会社によって判断されます。


「ペット相談可」は、まずは大家さんや管理会社へ相談し、総合的に判断されて許可をもらう形となっている物件になります。


ペット可と違ってペット相談可物件は、貸主にペットに関して相談し、貸主は借主を含め全体的にみて判断した上でペットを飼う事の許可が下りたら物件に住む事が出来ます。


大家さんが「ペット可」の物件にすべきかどうか迷っている時に「ペット相談可」として表記している場合が多いです。その際は、入居者とペットの特性などを全体的にみて可否の判断をしていきます。


契約する前に飼えるペットを把握しておこう

飼育可能なペットの種類として挙げられているが、基本的に小型犬か猫となります。また飼える数も決められており、最高でも2頭までとなります。これらはあくまで基準なので詳しい情報は不動産会社に確認してみましょう。


退去時の賃貸物件は次住む人の為に原状回復が必須となりますが、ペットと一緒に暮らしていた場合、傷やニオイなども発生しますのでこれらの修繕費用を負担する事になる可能性もあります。


高層マンションの賃貸物件を検討する人もいるかも知れないが、ペットと一緒に暮らす場合はペットが飛び降りてしまうリスクがあるために避けるべきだろう。


広告

楽しい毎日を送りたいなら、住みやすくて人気の尼崎に住みましょう!
このエリアには様々ジャンルの施設があり、休日にみんなで友達を誘って楽しく過ごしたいなら、娯楽施設に行きませんか?
近くにはあると便利な近所にあれば安心なのが、消防署ですね。
まだまだ色んな施設がありますよ!
歩いて通園したければ近所に保育園がある所に住みましょう。
最後は家族やパートナーの方にも重宝される施設になります。
お買い物は、便利な商業施設があります。重要なのは、こうした色々な情報から物件を選ぶことなのです。
気になるのが賃貸の条件面ですが、閑静な環境に住むのに最適なのは、ゆったりと子育てしたいとお考えの方でしょう。
それだけでなく、恋人と二人、自宅で花火を楽しめる花火大会鑑賞可能な賃貸物件もおすすめです。
物件の条件には様々なものがありますが、リバーサイド物件は、自然の中で暮らしたい方にはピッタリです。
また行動範囲が広がる、3沿線以上利用可の物件で、楽しい充実した生活を送りましょう。
尼崎に住めばアナタにぴったりな賃貸物件が見つかるでしょう。