ペット可でも飼える種類が限定される

「ペット可」と表記されていても、飼育可能の動物全て飼育OKという訳ではないです。大体は種類や数を制限している物件というのが多く、犬は良いけど猫はダメという物件も残念ながら少なくはないです。


ペットが可能の物件というのは、オーナーや物件の管理会社が飼育可能のペット・飼育可能数を前もって決めており、その条件を満たしていれば問題なく入居できます。


以前はペット可の物件はデメリット部分も多かったですが、最近ではペットを飼う人も多くなってきたということもあり、貸主の条件も緩くなってペット可物件が増えてきたり、ペット可専用の賃貸物件もあったりします。


場合によっては猫拒否する物件も

「ペット相談可」物件で気を付けて欲しいのが、表示価格がペットを飼わない場合の金額で出しているパターンが多く、ペットと一緒に入居となると追加料金として家賃などが高くなってしまう可能性があります。


家での猫の行動範囲は広く、高いところも登ってしまうこともあり傷の量も犬と比べて多い為、相談可の物件でも猫はNGとなってしまう事もあるようです。


ペット相談可物件の際、事前に確認して欲しいのが敷金や家賃などの金銭面で、これらがペットと一緒に住む事になった場合加算される可能性もありますので気をつけましょう。


ペット相談可物件の場合、小動物にあたるハムスターや亀などは敷金を増額される可能性は低いので、例え小動物だとしても許可なく飼う事は絶対にやめましょう。


飼えるペットの種類は限定されている

数が少ないペット可能物件なので、そもそも他物件と比較するのも難しいですし探すのも一苦労ですので、引っ越す事を検討しているのであれば前倒しで物件探しを行くと良いでしょう。


ペットも様々な病気にかかりやすいですし子どもも増えやすいですので、ワクチンの接種や避妊去勢を規約に記載している場合もありますので、確認して対応していくようにしましょう。


ペットのニーズは高まっているのとは逆にペット可となっている物件は少ない為、入居希望が多いです。それに焦らずに家賃や駅の距離などの自分に合った優先順位を決めた上で物件を選んでいきましょう。


広告

大阪市西区は住み心地の良いエリアとなっています。
大阪市西区でお部屋探しをするなら、周辺施設も調べておくと良いですよ。
犯罪に巻き込まれるようなことも、東警察署近くの住まいなら少ないでしょう。
また、それ以外にも引越す際は医療機関が心配ですよね。この地域には大阪国際がんセンターがあるので、突然の怪我などがあっても安心です。
賃貸を探すのであれば、次の条件にも注目してみましょう。
静かな環境の物件に住めば、快適な毎日を過ごせますよ。
駅周辺での買い物も気軽に出来るので、駅徒歩5分以内の物件はおすすめです。
また、おすすめの条件として食器などが残されている即営業可の賃貸飲食店なら、これから営業を始めようとしている方にピッタリですね!
さらに、物件にこだわりたい方には、次の条件もおすすめです。非喫煙者限定の物件を選べば、タバコを吸わない方は快適です。
他にも物件に快適な設備があるか確認しましょう。家電付の物件に住んでましょう。洗濯機もテレビも買う必要がなくなりますよ!
便利で快適な衣類乾燥機付のお部屋に引越してみましょう。大阪市西区の賃貸物件に住んで、みんなが憧れる優雅なスローライフを送りましょう!