ペット可・ペット相談可の違いとは

近年のペット需要のおかげか、全部屋ペット可にして物件の付加価値を高めようというのもあれば、貸主のご好意でペットを飼う事が可能になった物件も多いようです。


修繕作業や近隣を考慮する為ともあり、都市部でペット可能の物件を探したとしても「小型犬1匹のみ」と限定的に条件が挙げられている物件が多いです。


「ペット可」と記載されている分譲物件も増えてきていますが、これらは制限無く動物を飼えるわけではないのでその場合は物件の管理会社さんに確認しましょう。


ペット相談可物件は確実にペットと暮らせる?

ペット相談可の物件は、既に決まりがあるペット可物件と異なり、相談を聞いてから判断し許可するという物件となりますので、検討している物件がどうなっているか確認してみましょう。


熱帯魚などの小動物も当然ペットの対象となりますので、「ペット可」もしくは「ペット相談可」の物件を検討する事をおすすめします。決してこっそりと飼うのはトラブルの原因になりますのでやめましょう。


よく勘違いされやすいですが、ペット相談可の物件というのは必ずしも相談したらペットと暮らせるという事はなく、大家さんがNGをだしたら飼う事はできませんので注意しましょう。


小動物だから大丈夫だろうと思っている人も多いと思いますが、れっきとしたペットとなりますので「ペット可」「ペット相談可」の物件を検討しましょう。


自分に合ったペット可物件を見つけよう

規約にはペットを飼う上でも基本的な事も記載されている場合があり、主に避妊去勢や狂犬病などのワクチンの接種などが原則として行う必要がありますので確認は必須です。


ペット関連でよく問題視されるのがニオイで、この場合の対策として出来るだけペットの食事に気を掛けたり、空気清浄器にてニオイを軽減してく方法などがあります。


契約時に支払った敷金を原状回復費用として全て賄うのか、それとも一部負担をすべきかどうかは退去前にちゃんと説明を受け理解しておくのが大切です。


広告

堺市は生活する人を選ばないエリアとなっています。
まずご紹介するのは、堺市の施設に関する情報です。
エリア内にあるSalon de Sansui (サロン デ サンスイ)なら、試作上映会も楽しめます。
続いてブックス・ユートピア野間店では、絵本から専門書まで様々な本があります。
また、放課後に友達と遊ぶ事が出来るので、家の近くに白雪ブルワリーミュージアム長寿蔵があれば便利でしょう。
最後はこちらの施設もおすすめですよ。設備が揃った公立学校共済組合近畿中央病院でなら、安心して診察してもらえますね。このようなエリア情報は、お部屋を探す際にとても重要になってきます。
周辺施設だけでなく、賃貸の条件についても調べておきましょう。
学生敷金不要の物件に入居する際には、別途費用がかからないかよく確認して選びましょう。
それだけでなく、個性的なお店が多いので商店街を歩くだけでも楽しいですよ。
さらにあるとうれしい自分好みの部屋を作って自己表現する事ができるので、カスタマイズ可の物件は人気があります。
もちろん、都会の生活が合わないと感じている方には、閑静な環境にある物件に住んでみましょう。
前にもお伝えした、暮らしやすいエリアの堺市で楽しい賃貸生活をしましょう。