敷金、礼金、前家賃、共益費、仲介手数料、火災保険料の他に契約事務手数料などが、賃貸物件の初期費用となります。金額でいうとおおよそ家賃6~7か月分となります。

賃貸物件の初期費用は、敷金、礼金、家賃・管理費、仲介手数料、火災保険、保証会社利用料、鍵交換代、退去時清掃費用の8種類ありますが近年敷金、礼金は0円ですが、保証会社の加入が必須の物件が多くなっています。

最近では敷金・礼金が0になっている賃貸物件も増えてきていますが、この場合、前家賃1ヶ月分を初期費用として支払う事になる事もあります。それ以外の初期費用として仲介手数料、火災保険料、保証料とあります。

賃貸契約に必要な初期費用はどのくらい?そしてその種類は?

初期費用の内訳として説明をすると、まず、賃貸物件を貸す大家さんに対し敷金・礼金・前家賃を各家賃1か月分支払い、不動産会社には大家さんとの仲介料として手数料が家賃1か月分支払います。場合によっては手数料が0円の物件もあります。

賃貸契約時に初期費用でいくらの金額が必要なのか知っていますでしょうか?一例として礼金と敷金は各賃料の1ヶ月分程度になりますので賃貸契約時にはこれらを視野に入れてお金を用意しましょう。

賃貸の初期費用は火災保険料が約1.5~2万円、敷金や礼金などの基本的な項目が約1か月分となり、合計は賃料の5~6か月分となります。ちなみに日割家賃の計算方法は家賃÷入居月日数×入居日数となります。

賃貸の初期費用の各種金額とは?

一般的な現金や振込以外にも初期費用を支払える方法が出てきており、それがクレジットカードでの支払いとなります。場合によっては賃料もクレジットカード対応が可能な賃貸物件がありますので検討してはいかがでしょう。

マンション・アパートなどの賃貸契約時の初期費用の支払い方法というのは現金や振込が一般的ですが、賃貸物件によってクレジットカード払いが可能なパターンもありますので、カードポイントを貯めている方にとってはメリットが大きいと思います。

賃貸マンション・アパートの契約となった時、初期費用を払う事になりますが、主に現金や振込以外にもクレジットカードで払える場合もあります。初期費用となると金額が大きくなる分、カードポイントも多く貯まる事が出来ますのでお得です。

現金もしくは不動産会社によりますがクレジットで賃貸物件の初期費用を支払う事ができます。現金だと結構な金額になりますので、一括が厳しくてもクレジットを所持していれば契約が出来る賃貸もありますので、ぜひ検討してみてください。

賃貸マンション・アパート契約の初期費用はどうやって支払うのか

広告

最初に、尼崎が誇る有名スポットをいくつか紹介します!
引越しを検討するときに気になる、尼崎の施設を紹介します。
色々な商品が置いてある株式会社丸愛でお買い物が楽しめます。
次に施設ですが、いろんな映画を観ることができる株式会社スペランツァには、歩いて行けます。
続いては、条件について5つご紹介したいと思います。
①駅周辺の施設も利用しやすい便利な駅近で好立地エリアに住みましょう。
②毎日仕事で疲れて帰宅しても、静かな環境にある物件ならリラックスできます。
③新生活を始める学生さんは、学生敷金不要の物件から探すとお得ですよ。
④南側のひな壇に立地した物件は、日当たりや風通しが良いのでオススメです。
最後に賃貸にあるとうれしい設備ですが、車を購入された方は駐車場つきの賃貸物件がおすすめです。
それだけでなく、手間も時間も掛からない家具付物件への引っ越しはラクラクです。暮らしやすい尼崎の賃貸で新たな人生を!