初期費用は敷金・礼金以外にも前家賃・管理費、火災保険、保険会社利用料など賃貸物件によって異なりますがかなりの金額が必要となってきます。また仲介手数料として不動産会社に約家賃の1ヵ月分を支払う事にもなります。

地域や物件ごとで賃貸物件の初期費用の種類が異なる事もありますので注意が必要です。例をあげると関西での「保証金」が関東での「敷金」という種類になります。

賃貸住宅契約の前後にはオーナーさんと不動産会社に、初期費用(金額は居住人数や地域・物件で異なる)である敷金・礼金、前家賃、仲介手数料、火災保険料を支払う事が必須になります。

知っておこう賃貸物件の初期費用の種類

初期費用の相場として比較的に物件賃料の約1か月が各種必要で、火災保険料は人数で変動しますが1.5~2万円程を目安として考えた方がいいです。それらのまとめると賃料約4~5倍分の金額が必要になると考えておくといいです。

希望する賃貸物件が見つかり契約に進む際に初期費用の話が出てくるかと思います。敷金や礼金は各家賃の1ヶ月分、仲介手数料に関しては家賃の0.5~1ヶ月分程が初期費用の一部として発生しますので、これを基準として費用準備を行っていく事が大切です。

契約時に大家さん・不動産会社に支払う契約金の事を初期費用といい、敷金や礼金、前家賃、仲介手数料などが主な項目となります。相場は地域や賃貸物件で変わりますが、家賃の5~6か月分程となります。

賃貸物件は初期費用いくら発生する?

初期費用の支払い時、現金や振込や引き落とし方法だとどうしても準備や手続きなどで時間がかかってしまいます。それらを解消できるのが近年の賃貸物件で増加しているクレジットカード払いとなります。従来の支払いよりもスムーズに支払いができますので便利な方法です。

やはり賃貸契約は何事も無く行う方法として、これらは契約前に確認しておくのがベストです。例えば初期費用などの支払い方法が現金かクレジットなのかも事前に確認すると物件選びの参考にも繋がります。

賃貸での契約時、初期費用の支払い方法として現金または不動産で対応可能なクレジット払いが可能となります。クレジットでの支払い方法も選べ、一括・分割・リボ払いで選択する事が出来ます。

初期費用には現金・振込、自動引き落としなどの支払い方法の他にも、クレジットカードも、賃貸物件によりますが可能のところもあります。クレジットカードは現金とは違ってカード会社のポイントを貯める事も可能ですのでよりお得になります。

賃貸物件の初期費用の支払い方法を確認

広告

東大阪市はのんびり生活したい方にお勧めのエリアです。
この東大阪市には、生活に必要な施設が揃っています。
できたての弁当が食べたいなら、近くの本家かまどや 友井店へ行きましょう。
商業施設や医療施設が揃っていて、美味しい弁当が売られている本家かまどや 友井店があるので、一人暮らしでも安心です。
他にもどのような施設があるか、ぜひ地図上で探してみてください。
小説や参考書も買えるアミーゴ書店若江岩田店まで、歩いて行くことができます。
自分のライフスタイルに合った環境から賃貸を探しましょう。
お買い物は、商品の種類が豊富なスーパー玉出布施店に行きましょう。
丁寧に情報を集めることで、自分の希望にぴったりの賃貸を見つけやすくなりますよ。
エアコンがないと、夏は暑く冬は寒くなってしまうので、エアコン付物件はとても便利でしょう。
生活をもっと快適にするエレベータは、重い荷物を持っていても簡単に移動できるので大事な設備です。
設備が充実している物件だと、毎日の暮らしも快適になります。
カップルや新婚さんは、2人入居相談可能の物件から住まいを探しましょう。
自分に合った物件を探すのであれば、カスタマイズ可の物件でないと、物件の改修ができないので注意が必要です。
もちろん、物件によって様々な条件があり、未入居の賃貸物件なら、真新しいお部屋で暮らすことができます。

お部屋を探す際には、住宅設備にも注目です。
地下車庫付物件は、大事な愛車も安心して停められるでしょう。
また、物件によって様々な条件があり、衣類乾燥機は、一度使ったら手放せないほど便利です。
賃料や内装だけでなく、設備や条件もしっかり確認しましょう。
平坦地は高台と比べ、水圧が弱くなることが少ないのは嬉しいですね。
このように、どんなお部屋が良いのかをイメージすることで、必要な条件が分かってきます。
リバーサイド物件は開放的で眺めが良いのでオススメです。
色んな条件の物件から、希望に合う賃貸を探しましょう。
素敵な街、 東大阪市で賃貸を探しましょう。