不動産会社によりますが、初期費用の中に事務手数料、駐車場手数料、24時間緊急対応サービス費、賃貸物件のクリーニング費などといった費用が含まれている物件もあります。

賃貸物件によっては、敷金、礼金が0の代わりとして前家賃費として約1ヶ月分が発生する可能性もあります。その他の費用として挙がるのが仲介手数料、火災保険料、保証料となります。

賃貸を契約時に初期費用として約家賃6~7か月分が発生する事があり、基本的な初期費用以外に不動産会社や大家さんに契約事務手数料を支払う事になる可能性もあります。

賃貸契約に必要な初期費用はどのくらい?そしてその種類は?

賃貸物件を契約する時に必要な初期費用には、敷金や礼金、仲介手数料、家賃、管理費・共益費などと様々な種類があります。大体になりますが各種家賃のひと月分の金額がひつようとなりますので注意が必要です。

敷金・礼金は家賃の1ヶ月分程度、仲介手数料は家賃の0.5~1ヶ月分程度が金額相場になっております。全体で家賃の4~5倍の金額がを契約金として必要となってきます。金額に関しては契約前に把握しておくことが大事になります。

大家さんに敷金・礼金、前家賃をそれぞれ家賃1か月分程、不動産側には仲介手数料が0円~家賃1か月分程それぞれ支払うのが賃貸契約の初期費用となります。それ以外となると火災保険は、1人で1.5万円程、ファミリーになると2万円程です。

賃貸物件は初期費用いくら発生する?

クレジットに対応している不動産会社は全体の3割程となりますので、もし賃貸住宅を契約する予定があれば、その前に初期費用の支払い方法を確認する事を推奨します。支払い方法を前もって把握する事でスムーズに契約が行えます。

賃貸マンション・アパートの初期費用をクレジットカードで支払い出来る物件が出てきております。主に支払い方法として現金か振込などもありますが金額が大きく用意が難しいのですが、クレジットカードならすぐに支払えますしポイントも沢山貯まるのでメリットのある方法であるといえます。

基本的に現金、振込、自動引き落とし等の支払い方法が主流となっていますが、どうしても初期費用は大金になりますので、現金を用意するとなるとどうしても時間かかってしまいます。ですが近年ではカード払い可能物件もありますので、すぐ支払い手続きが可能となります。

賃貸マンション・アパートの契約となった時、初期費用を払う事になりますが、主に現金や振込以外にもクレジットカードで払える場合もあります。初期費用となると金額が大きくなる分、カードポイントも多く貯まる事が出来ますのでお得です。

賃貸の初期費用はどう支払う?

広告

お引越しをするなら、便利な谷上がオススメです。
谷上の賃貸に関する情報は、こちらから確認できます。
エリア内の代名詞といえるような施設といえば、しあわせの村でしょう。
日常生活で良く利用する施設があるかどうかも、しっかり確認しましょう。
たくさんの種類の本を取り扱っているアミーゴ書店新藤原台店にはすぐ行くことができます。
賃貸探しの際に注目してほしい条件がこちらです。
駅前に暮らすと、駅までの距離が短いので移動が楽になります。ほかにも、静かな環境の物件は、心地良い生活を送ることができるでしょう。
間取りや賃料だけでなく、こうした条件もチェックすることが大切です。
非喫煙者限定の家では、来客全員にタバコを吸わないよう伝えておきましょう。
もちろん、即営業可の賃貸物件として居抜きなどの物件が注目されていますよ。
物件の住みやすさは、その設備によっても決まります。
引っ越し費用が抑えられる家具・家電付き物件がオススメです!
他にも次のような設備があると便利です。
天候に関係なくいつでも洗濯できる洗濯乾燥機付のお部屋は人気があります。優雅なスローライフを谷上の賃貸で!