近年の初期費用はメイン以外にも支払う項目があります。一例として抗菌クリーニング費用、簡易消火器の設置費、シャワーカーテン代、害虫駆除などとありますので、賃貸契約時には一度確認してみましょう。

賃貸住宅では、契約前と後にオーナーさんと仲介にあたる不動産会社に払う初期費用が必須となります。初期費用の種類や料金に関しては人数や物件の場所などで変わっていきます。

賃貸住宅契約の前後にはオーナーさんと不動産会社に、初期費用(金額は居住人数や地域・物件で異なる)である敷金・礼金、前家賃、仲介手数料、火災保険料を支払う事が必須になります。

賃貸契約に必要な初期費用はどのくらい?そしてその種類は?

敷金・礼金・前家賃・仲介手数料・火災保険料・保証料が基本的な初期費用の項目となりますが、平均的に各項目で賃料約ひと月分の費用が必要なります。保険料は契約する会社などでかわりますが約1.5~2万円を相場として考えたほうが良さそうです。

基本的な初期費用の他に鍵交換費用が任意で入っていることがあります。この費用はセキュリティ面を考え、前居住していた方とは別鍵にチェンジしてもらう費用となります。これらの初期費用は家賃の4~5倍程の金額は準備しておきましょう。

賃貸契約時における初期費用の相場を種別にお伝えしていきます。まずは敷金・礼金・前家賃が、各家賃1か月分程で、仲介手数料は無料であったり家賃1か月分程だったりと異なってきます。火災保険料は約1.5~2万円で、保証料は家賃半月分~1か月分が相場となってきます。

賃貸の初期費用の各種金額とは?

賃貸物件の初期費用の支払い時、現金かクレジットカードどちらかを選べますが、現金は一括払い、クレジットカードは不動産対応可能であれば一括以外にも分割・リボが選択でき、また回数も選ぶことができます。

賃貸一戸建て物件の契約を検討している場合、気になるのは初期費用の支払い方法になるかと思いますが基本は現金かクレジットカードがどちらかを選択できます。おすすめはクレジットで高金額な分、カードのポイントも貯まりますのでかなりお得になります。

気になる初期費用の支払い方法ですが、現金で一括・分割どちらかで支払う、それか不動産会社さんがカード対応可能であれば、クレジットの種類、支払い方法、回数を選んでから賃貸契約に進むという方法もあります。

現金で一括・分割で支払う、または不動産会社がクレジット対応なら分割払いなどと賃貸物件の初期費用支払い方法が選べます。クレジットならリボか分割も選べますので自分のペースで払える目安が分かりやすいと思います。

自分に合った賃貸物件の初期費用の支払い方は?

広告

西宮北口は生活する人を選ばないエリアとなっています。
お部屋探しの際は、お引越し先のエリアを調べることも大切です。
観たい映画をいつでも借りることができるTSUTAYA/阪神甲子園店がエリア内にあります。
日常生活に必要な施設が揃っていれば、とても便利です。
エリア内の代名詞といえるような施設といえば、快活CLUB号西宮店でしょう。
また、エリア内にあるごとう歯科医院なら、いつ歯が痛くなっても大丈夫ですね。
もちろん、これだけでなく西宮北口には色々な施設があります。
高い技術力と丁寧な対応で評判のいいやまかげクリニックが近所にあります。
豊富な情報から、お部屋を探しませんか?
深夜帰ってからでも、洗濯乾燥機があれば洗濯できますよ。
他にもあると便利な設備である、乾燥機付物件は人気の高い設備なので、近年増えています!
このように条件が充実していることで、快適な新生活をスタート出来ます。

敷金礼金が0円の物件なら初期費用5万円以下に抑えられるでしょう。
各条件には様々なメリットがありますが、カスタマイズ可の物件は自分好みの部屋にしたい人にオススメです。
どのような物件がいいか想像してみることで、必要な条件が把握しやすくなります。
同棲を考えているならカップル向け賃貸を探してみませんか?
また、浴室乾燥機は、主婦層から高い支持を得ている設備です。
もちろんエアコンのないお部屋は大変ですが、エアコン付き物件なら快適に過ごせます!
ファミリー向け物件を選ぶ際は、近くに子どもと遊べる公園があるか確認しましょう。
このように、いろいろな設備・条件の揃った賃貸を探してみましょう。
文教地区は、子育て家庭などに注目されている需要があり、資産価値があります。
素敵な街、 西宮北口で賃貸を探しましょう。