必須初期費用は、敷金、礼金、前家賃、仲介手数料、火災保険料となります。不動産会社によって異なってきますが、保証会社の加入、防犯防止の為の鍵交換、クリーニング費用などと加算されます。これらを踏まえ平均的に家賃の5~7か月分の金額が賃貸契約時に必要となってきます。

賃貸物件の初期費用は、敷金、礼金、家賃・管理費、仲介手数料、火災保険、保証会社利用料、鍵交換代、退去時清掃費用の8種類ありますが近年敷金、礼金は0円ですが、保証会社の加入が必須の物件が多くなっています。

初期費用の目安ですが、オーナーに支払う礼金と敷金で家賃の1~2ヶ月分で、仲介手数料や前家賃は1か月分となります。他に火災保険、鍵交換費用は1~2万程と賃貸契約時にはこの位かかると言われてています。

賃貸契約に発生する初期費用とは?金額と種類を把握しよう

契約前に知っておきたいのが、初期費用の各相場金額です。おおよそになりますが、敷金・礼金は家賃の1ヶ月分程、仲介手数料は0.5~1ヶ月分程になります。トータルで約家賃の4~5倍が初期費用として必要な額となります。

まず賃貸物件を契約する際、初期費用の金額相場が気になるところですが、相場としては家賃の4~5倍にあたる金額になります。内訳として敷金、礼金が家賃の1ヶ月分程、仲介手数料は家賃の0.5~1ヶ月分程が相場となってきます。

基本的に初期費用相場というのが、家賃の5~6倍位が平均的です。しかし賃貸物件によっては敷金、礼金が¥0だったり、フリーレントといった家賃が一定期間無料になるサービスなどで初期費用は抑えることが可能となります。

賃貸物件は初期費用いくら発生する?

初期費用支払いの種類として現金・振込以外にもクレジットカード支払いが可能な不動産会社も出てきています。賃貸契約をしながらそのまま支払いも行えますのでとても便利な支払い方法として使用する人が多くなっています。

賃貸物件の契約時、現金・振込以外にも、クレジットカードで初期費用を支払いが可能物件も増えてきており、その場ですぐ支払いが出来る為とても利便性が高いです。

賃貸契約時に発生する敷金や礼金、仲介手数料、管理費などをまとめて初期費用と言い、現金支払いが一般的です。ですが最近の不動産会社では現金の他にもクレジットカード支払い可能の場所もあります。

賃貸物件契約時には初期費用を払う事となります。支払い方法として現金が基本でしたが、最近ではクレジットカード支払いができる物件も増えてきております。その分カードのポイントも貯まるのでかなりオススメの支払い方法となります。

賃貸の初期費用はどう支払う?

広告

静かな住環境が魅力の吹田市で、リラックスできる生活をしませんか?

最初に近くのスポットを確認しましょう。
まずは吹田市の施設紹介です。
≪おすすめ施設①≫
大和病院では、様々な病気を治療することが出来ます。
≪おすすめ施設②≫

≪おすすめ施設③≫
EXPOCITYは運動器具も揃っており、運動が出来るので便利です。
≪おすすめ施設④≫
オシャレなREDHORSE MARUMIE PLAZAに寄って、一日をスタートすることができます。

次に気になるのが不動産屋の条件ですよね。
≪おすすめ条件①≫
未入居のお部屋なら、中古物件のような使用感はまったくありません。
≪おすすめ条件②≫
新生活は、綺麗な海が見渡せるオーシャンビューの物件で始めましょう。
≪おすすめ条件③≫
静かな環境にある物件なら、穏やかな生活を始め事が出来る為オススメです。

最後に、快適な暮らしをするために重要な設備を確認します。
≪おすすめ設備①≫
オートロックや人感照明センサー付の物件は、初めての一人暮らしにお勧めです。
≪おすすめ設備②≫
カードキーは持ち運びしやすく、スマートな新しい鍵の形です!
≪おすすめ設備③≫
湿気を抑えてくれる畳は快適です!和室のある物件を探してみましょう。
充実した日々は吹田市の不動産屋でゲットできます。