メインの初期費用以外に不動産会社によって変わってきますが、契約事務手数料、駐車場仲介手数料に抗菌施行費用などといった費用が賃貸契約の初期費用に含まれた状態で提示されます。

最近では敷金・礼金が0になっている賃貸物件も増えてきていますが、この場合、前家賃1ヶ月分を初期費用として支払う事になる事もあります。それ以外の初期費用として仲介手数料、火災保険料、保証料とあります。

初期費用の一部にある火災保険費や鍵の交換費に関しては、おおよそですが火災保険費が約1万5千円~2万円、部屋の鍵の交換料が約1~2万円程発生しますので賃貸契約前に確認しましょう。

初期費用の種類は多数!賃貸契約前に知っていこう

賃貸契約の際には、初期費用が掛かります。賃貸契約する時、必須である初期費用の項目は、敷金や礼金、仲介手数料、家賃、管理費・共益費とあります。各項目で金額相場が異なるのでキチンと調べましょう。

初期費用と言っても大体トータルでどれ程費用が発生するのかなどは知っていますでしょうか?一例として敷金・礼金は賃料の約1ヶ月分程掛かりますので賃貸契約前にはそれ以外の初期費用がどれぐらいか確認してみましょう。

家賃5万円の物件をモデルとして考えた場合、少なくても約26万9000円の初期費用が必要となってきます。初期費用として必須となるのが、敷金、礼金、前家賃、仲介手数料、火災保険料、保証料などとあります。

賃貸を探す前に各初期費用金額を知っておこう

初期費用の支払いで一般的なものは、現金や振込以外にも、最近ではクレジットカード支払いも増えてきています。不動産会社によっては家賃もクレジットカード払いが可能な所もありますので、賃貸物件探しの参考にして下さい。

現金かクレジットカードかどちらかで賃貸契約の初期費用が支払いが出来ますが、クレジットの魅力の一つとしてカードの種類、支払い方法(分割・リボ)、支払い回数を選べるのが良い所です。

初期費用は現金もしくはクレジットカードで支払う事ができ、これらは賃貸契約時までに用意しておかなければなりません。現金はほぼ一括払い対応、クレジットでは一括か分割払いとなります。

賃貸物件の初期費用には様々な項目がありますが、これらの支払い方法は現金というのが主流でしたが、近年クレジットカードも可能となってきていますので自分にあった支払い方法が選べます。

自分に合った賃貸物件の初期費用の支払い方は?

広告

周辺環境や条件、設備の整った豊中はお引越し先にオススメです。
このエリアには様々ジャンルの施設があり、地域の治安を保っている豊中南警察署庄内交番があるので安心です。
近くにはあると便利な休日は家族や友人と一緒に行きたい人気スポット、カラオケスタジオ さくらがオススメです。
まだまだ色んな施設がありますよ!
豊中南警察署庄内交番があるので、安心して暮らすことができます。
最後は家族やパートナーの方にも重宝される施設になります。
千里山田兄弟歯科がエリア内にある為、虫歯の治療も行きやすいですね。物件探しをするときには、色々な角度からの情報を見て選ぶ必要があります。
気になるのが賃貸の条件面ですが、急な転勤が決まったなら、年内入居可の賃貸物件も良さそうですね。
それだけでなく、これから子育てをする方におすすめの、閑静な環境の物件があります。
物件の条件には様々なものがありますが、駅から離れた物件を購入する際はバス停徒歩3分以内で探してみましょう。
また引越す際は、年内入居可の物件から探してみませんか?
豊中の賃貸で最高の生活を始めませんか?