敷金、礼金、家賃・管理費、仲介手数料、火災保険、保証会社利用料、鍵交換代、退去時クリーニング費と8種類の費用が初期費用となります。賃貸物件によっては敷金0、礼金0も増えてきていますが、保証会社への加入が義務になっています。

賃貸物件の初期費用が何使われているか分からない人も多いと思います。例えば敷金に関しては家賃の担保としての金額となります、また撤去時には修繕費として賄われます。

賃貸物件の初期費用にはいくつかのパターンがあり、物件や地方によって初期費用の表記方法が異なります。一例を挙げると、関東での「敷金」という表現は関西では「保証金」という表記になります。

賃貸契約に必要な初期費用はどのくらい?そしてその種類は?

賃貸契約の契約時には敷金、礼金、前家賃、仲介手数料、火災保険などといった初期費用が必要となります。審査~契約までにこれらは用意していく必要があります。目安として初期費用の相場は家賃の5~6か月分、地域により7か月分となります。

賃貸契約を行う前に発生するのが初期費用となります。これらは総額で家賃の4~5倍の金額が必要となるので、事前に金額相場を確認・準備しておくことでスムーズに契約が進むことが出来ます。

大家さんに敷金・礼金、前家賃をそれぞれ家賃1か月分程、不動産側には仲介手数料が0円~家賃1か月分程それぞれ支払うのが賃貸契約の初期費用となります。それ以外となると火災保険は、1人で1.5万円程、ファミリーになると2万円程です。

初期費用の総額を賃貸契約前にチェック!

賃貸マンション・アパートの初期費用をクレジットカードで支払い出来る物件が出てきております。主に支払い方法として現金か振込などもありますが金額が大きく用意が難しいのですが、クレジットカードならすぐに支払えますしポイントも沢山貯まるのでメリットのある方法であるといえます。

初期費用を支払う方法として、現金での場合は一括か分割払いが選べます。また不動産会社によりますが、クレジットの一括・分割払いも可能ですので、もし現金で一括が難しいと思ってもクレジット利用することで賃貸物件に入居できるようになります。

初期費用には現金・振込、自動引き落としなどの支払い方法の他にも、クレジットカードも、賃貸物件によりますが可能のところもあります。クレジットカードは現金とは違ってカード会社のポイントを貯める事も可能ですのでよりお得になります。

賃貸契約時に必要な初期費用の中には敷金や礼金、仲介手数料、管理費などが存在します。現金支払いが一般的な支払方法となりますが、昨今はクレジットカード支払いも可能の物件も増加しています。

賃貸物件の初期費用の支払い方法を確認

広告

住み心地が良い伊丹がオススメ!快適な新生活を始めましょう。
このエリアには様々ジャンルの施設があり、近畿中央病院があるので、急に耳や鼻の調子が悪くなっても大丈夫です。
近くにはあると便利な便利ないかり 伊丹店があるので、日々の買い物にも困らないでしょう。
まだまだ色んな施設がありますよ!
ほっかほっか亭 荒牧バラ公園店があるので、自炊が苦手な人も快適に暮らせそうです。
最後は家族やパートナーの方にも重宝される施設になります。
急病や怪我の際には公立学校共済組合近畿中央病院があるので安心した暮らしが送れます。このような色んな情報から物件選びをすることが重要です。
気になるのが賃貸の条件面ですが、古い建物は敷金不要物件が多い為、新しさを気にしない人にオススメです。
それだけでなく、お住まいを選ぶ際は、土地自体の価値も高いく好立地な場所にある物件にしましょう。
物件の条件には様々なものがありますが、カスタマイズ可の物件は間取りが決っていないので自由に部屋づくりができます。
またSOHO向け賃貸物件は、ネット回線や、電話回線環境を把握しましょう。
伊丹で新たな一歩を踏み出すなら賃貸で決まりです!