初期費用は、敷金、礼金、前家賃、仲介手数料、火災保険料分を必ず支払う事になります賃貸物件によっては、保証会社加入、鍵交換、クリーニング費用などが発生するところもあります。

賃貸物件によっては、敷金、礼金が0の代わりとして前家賃費として約1ヶ月分が発生する可能性もあります。その他の費用として挙がるのが仲介手数料、火災保険料、保証料となります。

オーナーに支払う事になる賃貸契約時の初期費用の詳細は、礼金と敷金が(家賃の1~2ヶ月分)、仲介手数料、前家賃、火災保険、鍵の交換料などその他にもある場合もあります。

初期費用の種類は多数!賃貸契約前に知っていこう

皆さんは初期費用にどれほど掛かるのかご存知でしょうか?敷金や礼金などは各家賃の1ヶ月分程度発生するので、賃貸契約時には確認しておくことを推奨します。

大体の賃貸物件の初期費用の価格帯を調べてみると、大体各項目で家賃1か月分ほどが目安となっており、物件によっては敷金・礼金・仲介手数料のいずれかが0円になってるのもあります。ちなみに火災保険料は人数・会社によりますが、1.5~2万円程となります。

敷金や礼金、仲介手数料などと賃貸契約する上で必要なのが初期費用となりますが、初期費用の中には火災保険料などもありますので、見落とさないようにしましょう。

分かっていますか?賃貸物件初期費用の総額

初期費用の払い方は現金、振込、自動引き落としが基本的で昨今では可能賃貸物件も増えてきたこともあり、ポイントを貯める為にクレジットカード払いにする人達も多くなっております。

賃貸物件を契約時には初期費用が必須となります。支払で一般的なのは直接現金支払いや銀行振込、または自動引き落としなどとあります。物件にもよりますがクレジットカードでの支払いが可能になっている場所もありますのでポイントを貯めたい方はおススメです。

初期費用は現金・振込・自動引き落としがメインですが、現金は準備するのに多少時間がかかってしまいます。振込や引き落としも手数料や手続きが必須などとデメリットが多めですが、クレジットカード払いになるとそれが解消され賃貸契約時に便利と最近増えてきている支払い方法となります。

現金もしくはクレジットカードで初期費用を払います。基本的に現金は一括払い、クレジットは一括・分割払いが選択でき、もしクレジット一括対応したとしても後から分割対応も可能ですので賃貸物件の契約前には支払い方法を事前に調べてみましょう。

賃貸契約前に発生!初期費用の支払い手段とは

広告

新伊丹に住んでみませんか?住みやすくて素敵な街ですよ。
まずご紹介するのは、新伊丹の施設に関する情報です。
設備が整った伊丹天神川病院もある為、万一の時でも安心です。
続いて新作の本も、森田昌宏堂があるのですぐに買いに行けます。
また、風邪をひいてしまったら、近くの片山内科クリニックで診察してもらいましょう。
最後はこちらの施設もおすすめですよ。町の歯医者さんであるヒカルノ歯科があるので定期的に診てもらう事も出来ます。物件探しをするときには、色々な角度からの情報を見て選ぶ必要があります。
周辺施設だけでなく、賃貸の条件についても調べておきましょう。
高台に立地する物件なら、3階ほどの高さでも見下ろすことができる為、眺望良好です。
それだけでなく、毎日の通学、通勤が楽になる!駅徒歩5分以内の物件はいかがですか?
さらにあるとうれしい2駅利用可能は住まいを選ぶ際にとても重要な条件となります。
もちろん、リノベーション改修工事をすると、新築同様のきれいな物件を手に入れられます。
誰もが憧れる賃貸は新伊丹で見つかります!