賃貸物件に契約する際、支払う初期費用の中にある礼金は大家さんへのお礼金、敷金は家賃を支払えない際の担保となり、不動産会社には仲介手数料として家賃の1ヵ月分程用意が必要となります。

賃貸住宅契約の前後にはオーナーさんと不動産会社に、初期費用(金額は居住人数や地域・物件で異なる)である敷金・礼金、前家賃、仲介手数料、火災保険料を支払う事が必須になります。

物件によっては保証会社の加入費、退去時の鍵の交換、クリーニング費用も初期費用として含まれている物件も多く、それらを合計すると平均的に家賃の5~7か月分を支払う事になります。

初期費用の種類は多数!賃貸契約前に知っていこう

敷金・礼金・前家賃が家賃の約1か月分で、仲介手数料は無料~家賃1か月分、火災保険は人数で異なりますが、約1.5~2万円程で、保証料は半月分~1か月分程と賃貸物件の初期費用はこのような詳細になっております。

敷金・礼金・前家賃・仲介手数料・火災保険料・保証料と6項目が初期費用の基本的に必要な項目になります。家賃5万円の賃貸物件で考えた場合、合計26万9000円程が少なくても必要となります。

賃貸の初期費用というのは家賃の5~6か月分の金額が発生しますので、結構準備も大変です。そういう事を考え、敷金・礼金・仲介手数料¥0になると、かなり費用が抑えられますので、物件探す時の参考にしてみて下さい。

初期費用の金額とは?賃貸で借りる前に分かっておこう

初期費用で一般的な支払い方法として現金や振込がありますが、銀行やATMで出金したり、振込手続きをするなどと少し面倒な作業となります。これを解消出来るのが、近頃増えてきているクレジットカード支払いとなります。賃貸マンションやアパート契約前に支払い方法を確認してみましょう。

現金や振込、自動引き落としが基本的な初期費用の支払い方法ですが、現金を準備するのが難しいという方にはクレジットカード支払い可能な賃貸物件を探すのが良いでしょう。

賃貸での契約時、初期費用の支払い方法として現金または不動産で対応可能なクレジット払いが可能となります。クレジットでの支払い方法も選べ、一括・分割・リボ払いで選択する事が出来ます。

賃貸契約時の初期費用の支払い方として、まず現金となると大体が一括払い対応となりますのですぐ用意が出来る人に向いています。逆にクレジットでは分割払い可能となり、もしクレジットで一括対応したとしても、後で分割が可能ですので便利な方法となります。

賃貸物件の初期費用の支払い方法を確認

広告

塚口で「自分に合う物件を見つけたい」という方に、様々な情報をお届けします。
最初に塚口の施設面をご紹介致します。
高い技術力と丁寧な対応で評判のいい松下メンタルクリニックが近所にあります。
近くにあると便利なエリア周辺で有名なスポットといえば、イオン尼崎店です。
他の施設に関しても便利な施設が多く、迫力ある映像が観たいなら、エム・クアトロへ行きましょう。
そのほかにも、エリア内で楽しく遊ぶなら、イオン尼崎店がオススメです。お引越しをする上で知ってほしい情報はまだまだあります!おすすめの条件も確認しませんか?
3沿線以上利用可の物件なら、ショッピングもより楽しくなりますね!
これがあれば賃貸で快適に過ごすことができますし、駅周辺の人通りが多いので2沿線利用可の物件は安心です。
どの世代の方も引っ越し先として人気の高い静かな環境にある物件は、非常にオススメです。
また、引っ越し先として人気の高い静かな環境にある物件は、非常にオススメです。
塚口がお勧めする賃貸で素敵な生活を送りませんか?