敷金、礼金、前家賃、共益費、仲介手数料、火災保険料の他に契約事務手数料などが、賃貸物件の初期費用となります。金額でいうとおおよそ家賃6~7か月分となります。

賃貸物件の初期費用にはいくつかのパターンがあり、物件や地方によって初期費用の表記方法が異なります。一例を挙げると、関東での「敷金」という表現は関西では「保証金」という表記になります。

賃貸契約時に支払うのが初期費用ですが、基本的に支払う事になるのは礼金、敷金、前家賃、仲介手数料、火災保険料の5項目になります。また不動産会社には仲介手数料も支払うことになっていきます。

賃貸契約に発生する初期費用とは?金額と種類を把握しよう

賃貸契約を行う前に発生するのが初期費用となります。これらは総額で家賃の4~5倍の金額が必要となるので、事前に金額相場を確認・準備しておくことでスムーズに契約が進むことが出来ます。

初めて賃貸契約をする人にとって、契約前の準備に対して心配になるかと思われます。契約時に必要な初期費用の種類に敷金や礼金がありますがこちらはそれぞれ家賃の1ヶ月分を用意するといいでしょう。それとは別に発生する費用もありますのでちゃんと調べたうえで準備しておきましょう。

敷金、礼金、前家賃、仲介手数料、火災保険料、保証料と基本的に支払うべき初期費用は6つとなります。家賃5万円賃貸物件を例とした場合だと26万9000円程が初期費用の最低金額となります。

初期費用の総額を賃貸契約前にチェック!

賃貸契約時の初期費用の種類としてメジャーな支払い方法が現金や振込、自動引き落としになるかと思われます。ですが初期費用は多額なためすぐに現金を用意するのが大変な場合は、すぐに支払える利点があるクレジットカード払いの物件を探すといいでしょう。

初期費用の支払い方法として挙げられるのが、現金かクレジットカード払いとなります。クレジットは分割払いの種類もあり、回数も選べますので賃貸契約前にどうすべきか考える事も大切です。

初期費用を現金で検討している方の中には出来るだけ費用を抑えようと考えている人も多いかと思います。そういう人におすすめするのが住む日をを月末付近にしたり不動産会社が出しているキャンペーンに参加したりなどするのが良いです。難しい場合はクレジット払いの物件を探すのがおすすめです。

一般的な初期費用の支払い方法として現金や振込がありますが、デメリットとして手続きなど準備に時間がかかってしまうので契約にも影響が出ます。近年ではクレジットカードで支払い可の賃貸物件がありますので早めに契約したい方には理想的な支払い方法となります。

賃貸マンション・アパート契約の初期費用はどうやって支払うのか

広告

新生活を甲東園周辺で始めましょう。

[甲東園の施設情報]
①日々の買い物や休日のショッピングに便利なエディオン西宮南店がオススメです。
②たくさんの種類の本を取り扱っている川畑書店にはすぐ行くことができます。
③少しでも体調が悪いと思ったら、近くの大岡クリニックにすぐに行くことができます。
④震災の時もすぐに対応してくれる甲東園北消防署があります。物件探しの時は、情報がいくらあっても良いのです。なので、まだまだご紹介していきます!

[賃貸のおすすめ条件]
①資金に余裕がない…そんな方には初期費用5万円以下の物件が良いでしょう。
②コストがあまりかからない即営業可の賃貸物件はオススメです。
③働く場所が制限されないため、SOHO向けの賃貸物件は探しやすくなっています。
④駐車場のあるファミリー向け物件なら、車が近くにあるので買い物が楽になりますね。
そんな快適な暮らしを始めませんか? 甲東園がお勧めする賃貸で素敵な生活を送りませんか?