最近では賃貸物件のオプションの一つとして「24時間緊急対応サービス」の物件も出てきました。これらは賃貸契約時の初期費用の一つとしてカウントされている事もありますのでキチンと確認をしてみましょう。

賃貸物件の初期費用は主に、敷金、礼金、前家賃、共益費、仲介手数料、火災保険料で、他にも不動産会社や大家さんによっては、契約事務手数料がかかる事もあります。金額は大体家賃6~7か月分となります。

不動産会社によりますが、初期費用の中に事務手数料、駐車場手数料、24時間緊急対応サービス費、賃貸物件のクリーニング費などといった費用が含まれている物件もあります。

賃貸契約で発生する初期費用と種目とは?

賃貸契約時に必要となる初期費用として、敷金や礼金は約家賃の1ヶ月分、仲介手数料は0.5~1ヶ月分の料金が発生します。その他にも前家賃、管理費・共益費などがありますので金額を確認する事が大事です。

希望する賃貸物件が見つかり契約に進む際に初期費用の話が出てくるかと思います。敷金や礼金は各家賃の1ヶ月分、仲介手数料に関しては家賃の0.5~1ヶ月分程が初期費用の一部として発生しますので、これを基準として費用準備を行っていく事が大切です。

賃貸契約の契約時には敷金、礼金、前家賃、仲介手数料、火災保険などといった初期費用が必要となります。審査~契約までにこれらは用意していく必要があります。目安として初期費用の相場は家賃の5~6か月分、地域により7か月分となります。

賃貸の初期費用はそれぞれいくらかかる?

初期費用の支払い方として現金で一括で払うもしくは分割する方法とクレジットで対応するかがあります。クレジットは現金払いに比べすぐに払える上にポイントが貯められるのでメリットの高い支払い方法となります。

現金で初期費用を支払う方に是非検討して欲しいのが、不動産のキャンペーンに参加したり月末付近に入居日を設定する方法で、これを行う事で費用が少しでも抑える事が可能となります。

初期費用を支払う方法として、現金での場合は一括か分割払いが選べます。また不動産会社によりますが、クレジットの一括・分割払いも可能ですので、もし現金で一括が難しいと思ってもクレジット利用することで賃貸物件に入居できるようになります。

初期費用の基本的な支払い方法として現金や振込などが挙がりますが、クレジットカード支払いが可能な賃貸物件も近年増加しています。また家賃もクレジット可能の不動産会社さんもあるので管理など楽になります。

賃貸契約の時に必要となる初期費用の支払い方法

広告

まず初めに、甲子園口の代名詞とも言えるスポットを紹介します!

まずは、どんな施設があるのか、チェックしてみましょう。
近場にある医療法人 ナチュラルスマイルならいつでも診療してもらえます。
エリア内に新沢耳鼻咽喉科があるので、すぐに行けて便利です。
甲子園口は、生活に必要な施設が揃っております。利便性の高いドラッグストアライフォート魚住店は、日々のお買い物から休日のお出かけにもオススメです。
他にも普段必要な施設があるかどうかも、探してみてくださいね。
お子様を自宅近くの幼保連携型認定こども園西宮セリジェ保育園に預けたいのであれば、お勧めの物件だと言えます。
様々な角度から情報を集めることで、より自分に最適な賃貸を見つけられます。
エレベータが付いているお部屋なら、疲れて帰ってきても階段を上る必要がありません。
このように必要な設備が揃っているかも、ちゃんと確認しましょう。
家具を揃えるコストを抑えたいのであれば、家具・家電付の物件がいいでしょう。

また、飲食店を営業する際には、食器などが残されている即営業可の賃貸がいいですね!
物件の条件にも様々なものがあり、2沿線利用可の物件は、資産価値が高く家を買う際ももオススメです。
ぜひ自分に合った条件の賃貸を探してみましょう。
大型タウン内にある家は、子育て世帯が暮らしやすい環境だと言えます。
おすすめの設備である地下車庫付の物件は、愛車を安全に保管したい方にはピッタリです。
安心して生活できる浴室乾燥機付の物件は、洗濯物の多い世帯から支持を集めています。
いろんな設備が充実していると、嬉しいですね。オーシャンビューやリバーサイド物件は人気があります。
事前に条件をしっかり調べることで、納得のいくお部屋探しが可能になります。
住みやすい空間を安価で手に入れる事ができるリフォーム済み賃貸は人気です。
後悔しないためにも、今一押しの賃貸を甲子園口で見つけましょう。