近年の初期費用はメイン以外にも支払う項目があります。一例として抗菌クリーニング費用、簡易消火器の設置費、シャワーカーテン代、害虫駆除などとありますので、賃貸契約時には一度確認してみましょう。

オーナーに支払う事になる賃貸契約時の初期費用の詳細は、礼金と敷金が(家賃の1~2ヶ月分)、仲介手数料、前家賃、火災保険、鍵の交換料などその他にもある場合もあります。

敷金、礼金、家賃・管理費、仲介手数料、火災保険、保証会社利用料、鍵交換代、退去時クリーニング費と8種類の費用が初期費用となります。賃貸物件によっては敷金0、礼金0も増えてきていますが、保証会社への加入が義務になっています。

賃貸契約で発生する初期費用と種目とは?

賃貸契約の初期費用というのは、主にオーナーさんに敷金・礼金・前家賃を各賃料約1か月分、不動産会社さんには仲介手数料を同じく賃料1か月分程必要になってきます。火災保険に関しては、1人で1.5万円、家族になると2万円程必要となってきます。

大家さんに敷金・礼金、前家賃をそれぞれ家賃1か月分程、不動産側には仲介手数料が0円~家賃1か月分程それぞれ支払うのが賃貸契約の初期費用となります。それ以外となると火災保険は、1人で1.5万円程、ファミリーになると2万円程です。

基本的な初期費用の一つとして、敷金や礼金がありますが他にも前居住してた方とは別の鍵に変更するために鍵交換費用というのも賃貸物件によって発生する事もあります。

初期費用の総額を賃貸契約前にチェック!

初期費用の支払いで一般的なものは、現金や振込以外にも、最近ではクレジットカード支払いも増えてきています。不動産会社によっては家賃もクレジットカード払いが可能な所もありますので、賃貸物件探しの参考にして下さい。

初期費用の世間一般的な支払方法としてあるのが、現金や振込ですが、クレジットカード可能な賃貸物件も増加しております。また家賃もクレジットカードで支払う事が出来るところもあるので、賃貸物件をできるだけ負担を少なくしたいと考えている方は参考にしてはいかがでしょうか?

初期費用は現金もしくはクレジットカードで支払う事ができ、これらは賃貸契約時までに用意しておかなければなりません。現金はほぼ一括払い対応、クレジットでは一括か分割払いとなります。

賃貸物件契約時には初期費用を払う事となります。支払い方法として現金が基本でしたが、最近ではクレジットカード支払いができる物件も増えてきております。その分カードのポイントも貯まるのでかなりオススメの支払い方法となります。

賃貸の初期費用はどう支払う?

広告

楽しく幸せな毎日は、西宮で送ることができます!
引越しを検討するときに気になる、西宮の施設を紹介します。
甲子園警察署があるので、安心して暮らすことができます。
次に施設ですが、映画が好きな方にはオススメの西宮フレンテホールがあります。
続いては、条件について4つご紹介したいと思います。
①大型タウン内はライフラインがしっかりしているので、気持ち良く暮らす事ができるでしょう。
②仲介手数料不要の物件なら、低コストで引越が出来る為お得です。
③未入居の賃貸物件なら、真新しいお部屋で暮らすことができます。
④バス2路線以上使えると、行ったことのない地域にも気軽に行けるので良いでしょう。
最後に賃貸にあるとうれしい設備ですが、バイク置場付物件なら、バイクが盗まれる心配も減るのでオススメです。
それだけでなく、最近は浴室乾燥機付の物件が増えていて、とても人気があります。誰もが憧れる賃貸は西宮で見つかります!