初期費用は、敷金、礼金、前家賃、仲介手数料、火災保険料分を必ず支払う事になります賃貸物件によっては、保証会社加入、鍵交換、クリーニング費用などが発生するところもあります。

初期費用は敷金・礼金以外にも前家賃・管理費、火災保険、保険会社利用料など賃貸物件によって異なりますがかなりの金額が必要となってきます。また仲介手数料として不動産会社に約家賃の1ヵ月分を支払う事にもなります。

賃貸住宅では、契約前と後にオーナーさんと仲介にあたる不動産会社に払う初期費用が必須となります。初期費用の種類や料金に関しては人数や物件の場所などで変わっていきます。

知っておこう賃貸物件の初期費用の種類

【敷金・礼金・前家賃】が各家賃の1か月分、【仲介手数料】が0~家賃1か月分、【保証料】は半月分~1か月分、【火災保険料】は人数で変わってきますが、1.5~2万円程というのが賃貸物件の初期費用項目の目安となります。

大体の賃貸物件の初期費用の価格帯を調べてみると、大体各項目で家賃1か月分ほどが目安となっており、物件によっては敷金・礼金・仲介手数料のいずれかが0円になってるのもあります。ちなみに火災保険料は人数・会社によりますが、1.5~2万円程となります。

初期費用は賃貸契約の際に必要不可欠なものとなります。ですので初期費用が全体的にどれだけ掛かるのか契約前にはわかっておくことが重要です。まず賃貸物件を契約すると決めたら、初期費用として家賃の4~5倍の賃料を準備しましょう。

初期費用の金額とは?賃貸で借りる前に分かっておこう

初期費用の支払い方として現金で一括で払うもしくは分割する方法とクレジットで対応するかがあります。クレジットは現金払いに比べすぐに払える上にポイントが貯められるのでメリットの高い支払い方法となります。

現金で初期費用を支払う方に是非検討して欲しいのが、不動産のキャンペーンに参加したり月末付近に入居日を設定する方法で、これを行う事で費用が少しでも抑える事が可能となります。

初期費用の支払い方法の一つとしてクレジットカードでの支払い可能な賃貸物件も増えてきています。他にも現金や振込などの支払い方法はありますが、クレジットカードだと契約時にすぐ支払対応が出来ますのでとても便利な方法といえます。

初期費用の支払い方法としてあるのが、現金・振込・自動引き落としが主流でしたが、最近ではクレジット支払いが物件によって可能になってます。現金をすぐ用意する必要がないので、契約時にすぐ支払えるのですぐ賃貸物件に住む事が出来るのがメリットです。

必須!賃貸物件の初期費用はどうやって支払うのがいい?

最初に奈良のおすすめスポットについてご紹介します。
最初に抑えておきたい奈良にある施設ですが、品揃えの多い巌翠堂支店倉庫なら、欲しい本もきっと見つかるでしょう。
その近くには、巌翠堂支店倉庫が家の近くにあると、読書が趣味の方には嬉しいですね。
他にも便利な施設がたくさんあります。
様々な商品を取り扱ったヨークマート谷津店があるのでお買い物もラクラク!
奈良には、まだまだおすすめの施設があります。
たくさんの商品を取り揃えているヨークマート谷津店があるので買い物は安心ですね。他にもたくさん、お引越しをする時に知ってほしい情報があります!

次はテナントのおすすめ条件をピックアップしました!
入居費用を抑えて楽しい学生生活を送りたいなら、学生敷金不要の物件で生活しましょう。
特におすすめなのが、上階無し物件は、日が当たりやすい冬の時でも比較的温かく過ごせます。
それだけでなく、短期で解約すると違約金が発生する場合があるので敷金不要物件を契約する時は気を付けましょう。
こだわりのがあるのなら、室内がちゃんとリフォームされているか確認してから内装リフォーム後渡の物件に入居しましょう。
テナントは奈良から探せば、きっと見つかります。