支払う初期費用の種類ですが、賃貸物件地域や不動産会社によって違ってきますが主に必要なのが敷金・礼金、前家賃、仲介手数料、火災保険料をメインに複数あります。

地域や物件ごとで賃貸物件の初期費用の種類が異なる事もありますので注意が必要です。例をあげると関西での「保証金」が関東での「敷金」という種類になります。

賃貸契約時に支払うのが初期費用ですが、基本的に支払う事になるのは礼金、敷金、前家賃、仲介手数料、火災保険料の5項目になります。また不動産会社には仲介手数料も支払うことになっていきます。

賃貸を探す前にチェック!初期費用の詳細を理解しよう

初期費用の相場として比較的に物件賃料の約1か月が各種必要で、火災保険料は人数で変動しますが1.5~2万円程を目安として考えた方がいいです。それらのまとめると賃料約4~5倍分の金額が必要になると考えておくといいです。

契約前に掛かる初期費用と相場に関してですが、まず敷金、礼金は家賃の約1ヶ月分程度、仲介手数料だと家賃の約0.5~1ヶ月分程度で、ざっと見て初期費用として必要相場が、家賃の4~5倍程を基準として見たほうが良いです。

実際、家賃の5~6倍位が賃貸物件の初期費用の金額となってきますが、敷金、礼金0円の物件や、一定期間家賃無料で住む事が出来るフリーレントサービスを検討する事で初期費用が抑えられることができます。

賃貸の初期費用の各種金額とは?

基本的に現金、振込、自動引き落としが初期費用の支払い方法でしたが、賃貸物件によってクレジットカード対応可能もあり、メリットとしてすぐに現金準備をせずに、すぐに契約まで進めることができます。

賃貸住宅を契約する前に初期費用の支払い方法を確認しておく事は重要となります。というのもクレジットを検討している場合、実際にクレジット対応している不動産会社は全体の3割くらいなので、もし現金対応のみの場合契約するまで時間が掛かってしまいます。

賃貸住宅を契約する前に、支払い方法の確認をしておくと、後々スムーズに契約する事が可能です。大体は現金かクレジットかどちらかで選べますが、クレジット対応可能の不動産会社は全体の3割程なので覚えておきましょう。

初期費用支払いの種類として現金・振込以外にもクレジットカード支払いが可能な不動産会社も出てきています。賃貸契約をしながらそのまま支払いも行えますのでとても便利な支払い方法として使用する人が多くなっています。

必須!賃貸物件の初期費用はどうやって支払うのがいい?

女性にもオススメの三宮は、治安の良い街です。
まずご紹介するのは、三宮の施設に関する情報です。
七福座があれば、映画が好きな方にもオススメ出来る物件になると思います。
続いてよくDVDを借りる人なら、近くに未来屋書店イオンモール姫路大津店があると嬉しいですね。
また、たくさんの種類の絵本もある改発書店なら、お子様も喜びますね。
最後はこちらの施設もおすすめですよ。町の歯医者さんである大橋歯科医院があるので定期的に診てもらう事も出来ます。重要なのは、こうした色々な情報から物件を選ぶことなのです。
周辺施設だけでなく、賃貸の条件についても調べておきましょう。
部屋のクリーニング費用を請求される事が敷金不要物件では起こる場合があるので、退去時は注意しておきましょう。
それだけでなく、遊びやレジャーに行くときもバス停徒歩3分以内なら楽に移動できるので嬉しいですね。
さらにあるとうれしい新築同然で利用することができる、リノベーション済みの物件はおすすめです。
もちろん、上の階の音に悩まされるような事が上階無し物件では無いので人気があります。
誰もが憧れる賃貸は三宮で見つかります!