賃貸物件の初期費用にはいくつかのパターンがあり、物件や地方によって初期費用の表記方法が異なります。一例を挙げると、関東での「敷金」という表現は関西では「保証金」という表記になります。

初期費用は、敷金、礼金、家賃・管理費、仲介手数料、火災保険、保証会社利用料、鍵交換代、退去時清掃費用と基本的に8つの種類を払う事になります。最近では保証会社加入必須ではありますが、敷金礼金は¥0の賃貸物件が増えています。

初期費用は敷金・礼金以外にも前家賃・管理費、火災保険、保険会社利用料など賃貸物件によって異なりますがかなりの金額が必要となってきます。また仲介手数料として不動産会社に約家賃の1ヵ月分を支払う事にもなります。

初期費用の種類は多数!賃貸契約前に知っていこう

賃貸物件で必要な初期費用の詳細は、1項目に対し家賃1か月分程で、その他には火災保険料が1.5~2万円となっておりますので、これを目安に金額を準備しておきましょう。

敷金・礼金・前家賃などの初期費用金額は約家賃ひと月分となります。火災保険は1.5~2万円となりそれらを合計すると賃貸物件を借りる際、家賃5~6か月の初期費用金額が必要となってきます。

そもそも初期費用が総額どの位になるのかと気になる人もいらっしゃると思います。大体になりますが、各種で賃料の約1ヶ月分掛かりますので総額だとかなりのものとなりますので、ちゃんと調べたうえで賃貸契約をしていきましょう。

賃貸を探す前に各初期費用金額を知っておこう

初期費用支払いの仕方としてあるのが、現金・振込とあります。クレジットカード支払い可能の賃貸マンション・アパートも増えており、初期費用は中々の金額となるので同時にカードポイントもいつもより多く貯めることが出来ますのでお得に住む事が出来ます。

賃貸物件を契約時、現金または不動産が対応可能のクレジットどちらか選択して初期費用を支払う事が可能です。クレジットの分割払いは、一括・分割・リボ払いとあり、分割は3回・6回・12回…などと選択が可能です。

初期費用は現金か不動産で対応可のクレジットカード払いで支払う事が出来ます。クレジットは、一括・分割・リボ払いか選択でき分割も回数を選択できますので、初期費用の払い方も考えながら探していくと良いでしょう。

現金とクレジットカードが賃貸物件の初期費用の支払い方法となります。現金で支払う予定で費用を抑えたいと考えている人は、まずキャンペーン参加、移動の少ない時期を選んで、入居日をなるべく月末にしてみるなどやってみましょう。

賃貸マンション・アパート契約の初期費用はどうやって支払うのか

南森町での暮らしは、毎日楽しく過ごせるでしょう。
南森町でお引越しが決まれば、以下の情報も参考にしてみてください。自転車での送迎も楽なYMCAあわざ保育園があり、共働きでも安心して仕事ができます。
また、エリア内にあるシネマート 心斎橋なら、試作上映会も楽しめます。
このように周辺に何があるのかも確認しておきましょう。続いては気になる条件!
季節が移ろいゆくところも、通風良好の物件なら肌や匂いで感じ取る事が出来ます。
快適な生活を送りたいなら、閑静な環境でゆったり過ごしてみるのも良いですね。
ほかにも、3沿線以上利用可の物件は、アクセスが気軽にできる為オススメです。
引っ越す時期がもう決まっていれば、年内入居可の物件を選ぶ事も検討してみましょう。
あなたの生活スタイルに合う条件が見つかると良いですね。最後に人気の設備情報!
一人暮らしをする方には、家具付の物件をオススメしています。
こちらの設備も人気があります!ジュースをこぼしちゃった!そんな時でもフローリングならシミになったりしないので安心です! 賃貸物件生活を南森町で送れば、素敵で楽しく生活が出来ます。