必須初期費用は、敷金、礼金、前家賃、仲介手数料、火災保険料となります。不動産会社によって異なってきますが、保証会社の加入、防犯防止の為の鍵交換、クリーニング費用などと加算されます。これらを踏まえ平均的に家賃の5~7か月分の金額が賃貸契約時に必要となってきます。

賃貸住宅では、契約前と後にオーナーさんと仲介にあたる不動産会社に払う初期費用が必須となります。初期費用の種類や料金に関しては人数や物件の場所などで変わっていきます。

賃貸住宅契約の前後にはオーナーさんと不動産会社に、初期費用(金額は居住人数や地域・物件で異なる)である敷金・礼金、前家賃、仲介手数料、火災保険料を支払う事が必須になります。

賃貸契約で大事な初期費用の種類を知ろう!

賃貸の初期費用というのは家賃の5~6か月分の金額が発生しますので、結構準備も大変です。そういう事を考え、敷金・礼金・仲介手数料¥0になると、かなり費用が抑えられますので、物件探す時の参考にしてみて下さい。

賃貸契約時に用意すべき初期費用にも様々な項目があり、敷金や礼金、仲介手数料、家賃、管理費・共益費が主な費用となります。金額の目安は敷金や礼金、仲介手数料はそれぞれ家賃の約1か月分が必要となってきます。

基本的な初期費用の一つとして、敷金や礼金がありますが他にも前居住してた方とは別の鍵に変更するために鍵交換費用というのも賃貸物件によって発生する事もあります。

分かっていますか?賃貸物件初期費用の総額

初期費用支払いの仕方としてあるのが、現金・振込とあります。クレジットカード支払い可能の賃貸マンション・アパートも増えており、初期費用は中々の金額となるので同時にカードポイントもいつもより多く貯めることが出来ますのでお得に住む事が出来ます。

現金もしくは不動産会社によりますがクレジットで賃貸物件の初期費用を支払う事ができます。現金だと結構な金額になりますので、一括が厳しくてもクレジットを所持していれば契約が出来る賃貸もありますので、ぜひ検討してみてください。

現金で初期費用を支払う方に是非検討して欲しいのが、不動産のキャンペーンに参加したり月末付近に入居日を設定する方法で、これを行う事で費用が少しでも抑える事が可能となります。

賃貸マンションやアパートの契約時に初期費用を支払う事が必須となりますが、大体は現金や振込がメインになります。ですが銀行やATMで出金や振込手続きを行ったりなど少々手間と時間が掛かります。

賃貸契約が確定したら…初期費用の支払い方法を調べよう

大阪の有名スポットをまず最初にご紹介致します!

[大阪の施設情報]
①たくさんの種類の本を取り扱っているブックファースト練馬店にはすぐ行くことができます。
②近所にあれば安心なのが、石神井消防署ですね。
③すぐに診察を受けたい時も、練馬総合病院があるので安心です。
④出社前に気軽に送迎できる社会福祉法人和敬会練馬二葉保育園があり、安心して子育てができます。情報は、物件を探す時はいくらあっても問題ありません。なので、どんどんご紹介します!

[賃貸のおすすめ条件]
①水も空気も綺麗で住み心地が良いので、田園風景が広がるエリアはオススメです。
②ピカピカの未入居物件は、今まで誰も使用していないのでオススメです。
③普段よく電車を利用する方にピッタリなのが、駅徒歩5分以内の物件です。
④よく換気できるので、通風良好の物件はカビが出来にくいです。
そんな快適な暮らしを始めませんか? 賃貸を選ぶならやっぱり大阪がお勧めです!