礼金というのは言葉の通り「お礼金」の事で、大家さんに対して感謝をするためのお金となります。これ以外にも敷金、前家賃、仲介手数料、火災保険料も賃貸契約時の初期費用となります。

賃貸契約時に気になるのは、初期費用ですが内訳として礼金と敷金が家賃の1~2ヶ月分、仲介手数料と前家賃が1か月分、火災保険や鍵の交換料が各約1~2万円程と考えておきましょう。

初期費用は家賃1ヵ月分程の仲介手数料、火災保険料、保証料もあり、もちろん敷金・礼金も基本的にありますが、前家賃1ヶ月分をまとめて支払う事で¥0になる事もありますので賃貸契約時に確認してみましょう。

賃貸契約前に!初期費用の総額と種類を確認

敷金・礼金は家賃の1ヶ月分程度、仲介手数料は家賃の0.5~1ヶ月分程度が金額相場になっております。全体で家賃の4~5倍の金額がを契約金として必要となってきます。金額に関しては契約前に把握しておくことが大事になります。

初めて賃貸契約をする人にとって、契約前の準備に対して心配になるかと思われます。契約時に必要な初期費用の種類に敷金や礼金がありますがこちらはそれぞれ家賃の1ヶ月分を用意するといいでしょう。それとは別に発生する費用もありますのでちゃんと調べたうえで準備しておきましょう。

審査~契約の短期間用意すべきものが、初期費用で敷金、礼金、前家賃、仲介手数料、火災保険が主にあります。金額の相場は家賃の5~6か月、地域によりは7か月分が必要になってきます。

初期費用の総額を賃貸契約前にチェック!

一般的な初期費用の支払い方法として現金や振込がありますが、デメリットとして手続きなど準備に時間がかかってしまうので契約にも影響が出ます。近年ではクレジットカードで支払い可の賃貸物件がありますので早めに契約したい方には理想的な支払い方法となります。

賃貸物件を契約時には初期費用が必須となります。支払で一般的なのは直接現金支払いや銀行振込、または自動引き落としなどとあります。物件にもよりますがクレジットカードでの支払いが可能になっている場所もありますのでポイントを貯めたい方はおススメです。

初期費用の種類として敷金や礼金、仲介手数料、管理費などとあり現金支払いする事が一般的でした。最近ではクレジットカード支払いも可能になっている賃貸物件もありますので契約前に確認してみましょう。

現金もしくはクレジットカードで初期費用を払います。基本的に現金は一括払い、クレジットは一括・分割払いが選択でき、もしクレジット一括対応したとしても後から分割対応も可能ですので賃貸物件の契約前には支払い方法を事前に調べてみましょう。

賃貸契約が確定したら…初期費用の支払い方法を調べよう

十三に引っ越す時は、周辺環境や条件、設備の整った物件を選ぶようにするのがオススメです。
エリア情報を詳しく知りたい方は、ぜひこちらを確認してください。

十三にはもしエリア内にTSUTAYA WAY生駒店があれば旧作も新作も揃っているのでおすすめです。
お部屋探しをする際は、十三周辺の情報も大切です。
エリア内の代名詞といえるような施設といえば、ドンでしょう。
突然病気になっても、すぐに倉病院に行く事が出来ます。
このように日常生活で利用する施設は要チェックです。
遠くまで遊びに行くのが心配でも、小平尾南児童館があるので安心です。ぜひいろんな視点からお部屋を見つけることをオススメします。
エアコン付きのお部屋に住めば、暑い夏も涼しく快適に生活出来ますよ!
生活に必要な洗濯機は重いし価格が高額な事もあるので、洗濯機付の物件は魅力的ですね。
このように生活する上で必須となる設備があるはずなので、情報収集は重要となります。
続いては条件面についてです。リバーサイドの物件は景観が整っているので素敵ですよね?
他にも、部屋の中が明るくなるのが陽当り良好の部屋のメリットです。
自分の予算やライフステージに合った物件を選ぶことも大切ですね。
バス停徒歩3分以内の物件なら車が無くても快適な毎日を過ごせます。
また、普段の生活を振り返ってみると、必要な条件や設備がイメージしやすくなりますよ。
家電付の物件は、大きくて重い荷物も運ばなくて済むので、引っ越しする時もとっても楽ちんです!
賃貸マンション探しの設備にこだわって、必要な家電を全部揃えると、結構な額になります。家電付物件ならその費用を低く抑える事が出来るのでおすすめです。

上記の他にも、様々な設備があります。
大型タウン内なら、引越ししたばかりの方でもコミュニティを築きやすいので、すぐ友人が出来ますよ。
快適な毎日を送るために、内装リフォーム済の物件ならば、外観が古くても快適に生活する事が出来ます。
こうした情報をもとに、自分にとって住みやすい物件を探してみてください。
魅力的な賃貸マンションを見つけて、優雅に生活しましょう!