最近では敷金・礼金が0になっている賃貸物件も増えてきていますが、この場合、前家賃1ヶ月分を初期費用として支払う事になる事もあります。それ以外の初期費用として仲介手数料、火災保険料、保証料とあります。

初期費用の一部にある火災保険費や鍵の交換費に関しては、おおよそですが火災保険費が約1万5千円~2万円、部屋の鍵の交換料が約1~2万円程発生しますので賃貸契約前に確認しましょう。

敷金、礼金、家賃・管理費、仲介手数料、火災保険、保証会社利用料、鍵交換代、退去時清掃費用が賃貸物件の初期費用となります。近年は地域や場所によって敷金礼金は¥0になっている物件もあります。その場合は保証会社の加入が義務づけられています。

賃貸契約前に!初期費用の総額と種類を確認

【敷金・礼金・前家賃】が各家賃の1か月分、【仲介手数料】が0~家賃1か月分、【保証料】は半月分~1か月分、【火災保険料】は人数で変わってきますが、1.5~2万円程というのが賃貸物件の初期費用項目の目安となります。

家賃の5~6か月分くらいが、初期費用の金額目安になりますが、近年では敷金・礼金・仲介手数料が¥0で提示している物件も増えてきていますので費用を抑える事が出来ます。これらは賃貸契約が少なくなる時期を見計らうとサービスを受けやすくなります。

賃貸物件で必要な初期費用の詳細は、1項目に対し家賃1か月分程で、その他には火災保険料が1.5~2万円となっておりますので、これを目安に金額を準備しておきましょう。

賃貸物件は初期費用いくら発生する?

賃貸物件を契約まで進んだら初期費用を支払う事になり、その方法として現金が一般的です。最近ではカードで初期費用・家賃が支払いが可能になっている物件があり、ポイントを効率的に貯めたいとその方法をとる人が多くなっています。

初期費用を現金で検討している方の中には出来るだけ費用を抑えようと考えている人も多いかと思います。そういう人におすすめするのが住む日をを月末付近にしたり不動産会社が出しているキャンペーンに参加したりなどするのが良いです。難しい場合はクレジット払いの物件を探すのがおすすめです。

初期費用の支払い方法として現金とクレジットがありますが、支払いの仕方もそれぞれあり、現金の場合だと一括もしくは分割で支払う事が出来ます。クレジットカードの場合、一括・分割以外にもリボも選ぶことができます。

賃貸物件の初期費用には様々な項目がありますが、これらの支払い方法は現金というのが主流でしたが、近年クレジットカードも可能となってきていますので自分にあった支払い方法が選べます。

集合住宅の賃貸物件で必要な初期費用の支払い方とは?

静かで落ち着いた雰囲気が魅力で人気なのが、尼崎エリア周辺です。

[尼崎の施設情報]
①設備が揃ったホームホスピスひばりクリニックでなら、安心して診察してもらえますね。
②CARDBOX奈良本店は、エリア内で楽しく遊びたいならオススメです。
③本家かまどや 奈良済生会病院前店があれば、疲れて自炊できないような日でも食事のなら心配ありませんね。
④もし急に体調が悪くなってもすぐに対応できる、地域の健康をサポートするホームホスピスひばりクリニックもあるので安心です。情報は、物件を探す時はいくらあっても問題ありません。なので、どんどんご紹介します!

[賃貸のおすすめ条件]
①友人を気軽に招きやすく、楽しく過ごす時間が沢山取れるのも駅前の物件の魅力です。
②急な転勤などでお部屋を探している方なら、即入居可の物件から探していきましょう。
③文教地区は、教育に関する施設が多いので子どもがいる方には最適ですよ。
④地面からの距離が離れているので、眺望良好物件は、車やバイクなどの音が聞こえにくいです。
そんな快適な暮らしを始めませんか?素敵な街の尼崎で楽しい賃貸ライフを!