物件を決める時は、まずは自分好みのアパート・マンションを大まかに決めていき、その後不動産サイトや検索サイトで宝塚付近の様々な情報を調べていき、どんどん希望の物件を絞り込んでいくのがベストかもしれません。

一般的なアパートとマンションの違いというのは、あくまで”そういった傾向がある”という考えが主なので、あまり難しく考えなくても大丈夫です。

最近は自然災害も良いので、築年数が古い木造のアパートと鉄筋コンクリート造の分譲マンションを比べた場合、どうしても木造だと耐久性なども心配になるかと思います。

建造方法に違いはある?

不動産登記簿謄本にはアパートやマンションといった表記はされておらず、基本的に「鉄筋コンクリート造陸屋根2階建」といった構造に関する表記のみとなっておりますので興味があれば確認しては如何でしょうか。

最近では転勤などで転々する人向けに「定期借家」として出ているものが多いので、まず宝塚内で自分が住みたいと思っている住居はどれぐらいの年数まで住めるかどうかを確認すべきです。

マンションとアパートの違いが分からないという人が多いかと思いますが、鉄骨造(S)、鉄筋コンクリート造(RC)、鉄骨鉄筋コンクリート造(SRC)で建造しているのがマンションとなり、アパートは木造もしくは軽量鉄骨造で建造されていいます。ちなみにアパートの階数は大体2階・3階程度となります。

マンションはなぜ賃料が高い?

遮音性が高い鉄筋コンクリートの壁であれば大体の生活音の漏れを防ぐことができますが、その分家賃はアパートと比べ高くなってしまうので注意が必要です。

気密性が高いため、結露しやすい(現在は24時間換気が義務付けられています)。

マンションに比べてアパートは遮音性が低く、隣や上下階の部屋の生活音を完全に防げないので、生活音が気になる方はおススメ出来ません。

最近では、宝塚の賃貸物件でも防犯カメラやオートロックなどのセキュリティ管理がしっかりしてきているので女性の一人暮らしでも安心です。

契約は慎重に!分譲で気を付けること

マンション管理会社はもちろん、実際大家業を専業していないオーナーさんの物件もあるので、賃貸管理会社が入っている物件を探しましょう。

宝塚で分譲マンションを検討しているのであれば、引越しの有無はもちろんですが、自分にあっているのかどうかを確認するのも大事なポイントです。

宝塚の住宅周りの設備や周辺情報管理に関してはチェックがしやすいのとは逆に、規約関連になるとチェックしにくいです。

広告

快適な街、宝塚で充実した毎日を送りましょう!宝塚で引越しをお考えなら、周辺情報をご紹介!
『周辺施設』
①消防署が近くにあるので、震災の時もすぐに対応してもらえます。
②レンタルDVDなら、洋画や邦画など様々なジャンルを借りることができます。
『おすすめ条件』
①交通費を抑えるために、100円バス路線沿いの物件を探しましょう。
②ファミリー向け物件は、駐車場があると非常に便利で有難いですね。
③お財布にも優しい仲介手数料不要の物件は、最近人気が高いですよ!
④初期費用を抑えたいなら、初期費用5万円以下の物件から選びましょう。
『おすすめ設備』
①家具付物件は、引越しのときに大きな家具を運ぶ必要が無く便利ですよ。
②引越し後、意外と後回しにしつつある洗濯機。洗濯機付の物件ならその心配もありません。宝塚ならあなたにピッタリな賃貸が見つかります。