基本的に、鉄骨造(S)、鉄筋コンクリート造(RC)、鉄骨鉄筋コンクリート造(SRC)で建てられているのが賃貸マンションで階数に決まりはないです。対する賃貸アパートは木造もしくは軽量鉄骨造で建てられていており、階数は大体2階から3階程度ぐらいとなっているのを指しています。

賃貸マンションの所有権はどちらにあたるか気になるところですが、こちらに関してはマンションを所有しているオーナー(大家さん)から住戸を借りるのみのことですので、この場合所有権は借主ではなくオーナーのままとなります。

最近は自然災害も良いので、築年数が古い木造のアパートと鉄筋コンクリート造の分譲マンションを比べた場合、どうしても木造だと耐久性なども心配になるかと思います。

分譲の特徴とは

時と場合によって住条件と設備環境などが異なると思います。その時の状況に合う物件を奈良駅で見つかったら、アパートかマンションどちらかにするかを考えるのも一つとして有効といえます。

階数はマンションは制限がなく、アパートは大体2~3階位になります。また、建造方法も異なり、コンクリートや鉄骨、鉄筋コンクリートで建造しているものはマンション、それ以外はアパートとしています。

畑や貸スペースなどが使用可能な物件や一部が今流行りのシェアハウスや泊まる事が出来る賃貸住宅も増えつつあります。近年ではDIY可能賃貸物件も出てきています。

物件探し方のコツ

通常の賃貸マンションならスムーズに対処できること出来ないこともあります。ケースを挙げるとしたら、エアコン設備関連や水回りの故障などの場合が主となり、この時費用を誰が負担か、元の設備はどうすべきかなど問題点が出てきます。

ずっとご近所付き合いが続いていく関係になっていくので、住人もマンション内のルールやマナーを守っておりトラブルも少ない印象です。

住居のトラブル時に注意してほしいのが、大体の大家さんが大家業をメインとしてではなく、別で仕事をしている事が多いので、トラブル時の対処が遅れてしまう事があります。

分譲マンションだと近所付き合いが必然となりますので、基本的なマナーはもちろんの事マンション内のルールを守っていくので、住人同士のトラブルも比較的に少なめになります。

契約前に大家さんも確認してみよう

見栄えや住宅内環境設備に関しては実際に目視で確認がとりやすいが、住宅管理の方法や規約内容は分かりにくいです。

大家さんがそもそも専業としてやっているかどうか、その上で賃貸管理会社が加入しているかどうかまずチェックしてみましょう。

契約前に、管理会社の状態の確認をしましょう。マンション全体・大家の状態によっては賃貸専門のそれぞれ管理会社がきちんとしているのかが重要になってきます。

広告

住みやすい奈良駅で、新しい毎日を送りましょう!
このエリアには様々ジャンルの施設があり、伊藤医院は高い技術力と丁寧な対応で評判がいいので、おすすめですよ。
近くにはあると便利な対応も丁寧な伊藤医院が奈良駅にあるので、安心して通うことができます。
まだまだ色んな施設がありますよ!
中耳炎になってしまっても、近くに奈良県立総合医療センターがあるのですぐ診てもらえます。
最後は家族やパートナーの方にも重宝される施設になります。
奈良駅には奈良県立総合医療センターがあるので、花粉症の時期でも安心ですね!物件を探す上で必要な情報はまだまだたくさんあります!
気になるのが賃貸の条件面ですが、トイレのリフォームをするなら、温水洗浄便座にしてみるのも良いでしょう。
それだけでなく、今注目されているSOHO向けの物件で自宅でビジネスをはじめませんか?
物件の条件には様々なものがありますが、よく電車で出かける方には2駅利用可物件がオススメ出来ます。
また居心地の良いSOHO向け物件を選んで、快適に仕事をしましょう。
快適な奈良駅の賃貸で新たな生活を始めましょう!